4K8Kを見るためのアンテナ工事を詳しく解説

MENU

4K8Kを自宅で見る為に必要な工事とその内容について

4K8K放送とは?

 

最近、家電量販店で売られている最新のテレビを見るとよく目にするのが4K8K対応の文字。「今までより綺麗な画面になるんでしょ?」というところまでは知っている方も多いと思います。

 

それは勿論その通り。ですが、テレビを買うだけでは実は4K8K放送は見れないという事はご存じでしたか?

 

4K8K放送は衛星より電波が送信されていて、BSやCS放送と似た視聴方法となります。しかし、周波数やチャンネルが違うため4K8K放送を視聴するためには対応するテレビだけでなく専用のチューナーや専用(BS CSとの共用)アンテナ、それに伴うブースター・分配器などの周辺機器の交換が必要になってくるケースがあります。

 

現在はスカパーHD(プレミアム)の一部チャンネルやインターネット放送で試験的に4K8K放送が始まっており、本放送は総務省によると2018年を目処に開始予定となっています。本放送が始まれば、全国放送をしているNHKや日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビなどにも専用の4K8Kチャンネルが割り当てられ、これまでの地デジ放送用とは別のチャンネルで視聴する形となります。

 

また、2018年以降にはwowowやスカパーなどのCS放送でも順次4K8K放送専用チャンネルが始まる予定で、2018年に開催される平昌オリンピックやサッカーのロシアW杯、2020年の東京オリンピックを始めとするビッグイベントなどを超高精細画像で楽しむ事が出来るようになります。

 

盛り上がりを見せる4K8K放送をこれから視聴したい!!という方に是非知ってほしい4K8K放送に関するアレコレをまとめてみました。

 

 

4K8K放送を見る為の2つのポイント

 

4K8K放送を視聴する為の環境整備として必要なポイントは2点。

 

  • 対応しているテレビとチューナー
  • 4K8K放送対応のアンテナと周辺機器

 

この2つです。

 

まずテレビについてですが、現在発売されている4K8Kテレビはあくまでも4K8K画像を表示できるものでチューナー搭載のテレビは発売されておりません。

 

HuluやNetflix等の配信系アプリが搭載された4K対応のテレビはネット回線での配信となる為チューナーを必要としませんが、今後本放送が始まった際には専用のチューナーが必ず必要になります。

 

また、現在スカパーHD(プレミアム)で4K放送を視聴されている方も、それはあくまでもスカパー用のチューナーとなる為、新たに4K8K用のチューナーを設置する必要があります。

 

今後、4K8K放送用のチューナー内蔵テレビが開発・発売されたり、家電量販店でチューナーとテレビをパッケージングしたキャンペーン等が行われる事は確実かと思いますが、2017年時点では4K8K放送用のチューナーそのものもまだ未発売で規格が定まっていない事もあり未知数の部分が多い状況です。

 

4K8K放送の視聴を目的としたテレビの買い替えについては、このチューナーとの関係を考慮する必要がありそうですね。

 

 

次にアンテナについて解説していきます。

 

まずアンテナ本体で受信する電波についてですが、4K8K放送はこれまでのBS CS放送とは周波数が違います。同じ衛星放送なのですが、BSとCSの周波数が違うように4K8K放送も専用の周波数を使って電波を送信しているので従来のアンテナでは視聴できません。

 

その為アンテナ本体の交換が必要になるのですが、今までのBS CSと4K8K放送すべてをカバーする共用アンテナはすでに発売されていますのでこれを使えばOKです。

 

ですが、アンテナだけではない周辺機器も実は交換が必要です。

 

そもそもテレビを見る為には

 

1.放送塔(スカイツリーなど)や衛星からの電波をアンテナで拾い

 

2.ケーブルで送電し

 

3.拾った電波をブースターと呼ばれる機器でテレビに映るようパワーアップさせ

 

4.分配器で各部屋へと分かれて

 

5.各部屋から配線をテレビに繋いで視聴

 

といった流れで視聴します。

 

4K8K放送を見る際に周辺機器で問題となるのはブースターと分配器。どちらもこれまでは地デジ放送で最も低い470MHzからCS放送で最も高い2071MHzまでの帯域をスムーズに通す為に作られた物でした。

 

テレビ用のブースターと分配器は余計な電波を通さないよう、低すぎたり高すぎたりする周波数を拾ってしまってもパスする(無視する)よう作られていて、そうなるとブースターや分配器が正常に働かずテレビが視聴できません。

 

従来のブースターや分配器は2400〜2600mHz近辺までを保証帯域としている為、4K8K放送で最も高い周波数である3224MHzには対応していない物がほとんどです。

 

試験的に始まっているスカパーの4K放送はCS放送の周波数帯を利用している為、現在は従来の機器でも見れる場合があります。

 

しかし、今後本放送開始に伴ってチャンネルが増えていくと対応しなければならない周波数帯が増え、メーカーの動作保証外の帯域となってくるため不具合が出る事が予想されています。その為、アンテナ以外の周辺機器についても交換が必要になるのです。

 

ケーブルについては周波数帯は関係ありません。よほど古いケーブルで送電時のロスが大きいとかでなければ交換の必要はありません。

 

 

4K8K放送と一口に言っても視聴の為にこれらをクリアしなければなりませんが、理屈を知ってしまえば案外簡単な問題です。

 

今後、導入をお考えの方は、これら最低限の知識を持って、テレビの販売員さんやアンテナ工事の業者さんに言いくるめられないよう気をつけて下さいね(笑)

 

 

 

 

4K8Kアンテナの導入費用は?

 

では、実際に気になるのはそのお値段。

 

テレビ本体の価格については、日進月歩の世界ですし2〜3年前のテレビでも大幅に値崩れするようなのもあったり、そもそもサイズによっても値段がピンキリすぎますのでここでは割愛。

 

主にアンテナ工事に関する相場についてご説明します。

 

これまでのような地デジ・BS CS放送の基本的なアンテナ工事の相場についてはこちらを見て下さい。

 

基本的には工賃プラス部品代金と考えて頂ければOKなのですが、4K8Kのアンテナ工事を行うのは新築でイチから新しく設置というパターンだけではなく、既にテレビは視聴できているけど4K8Kが見られるように切り替えたい、というケースもあるかと思います。

 

その場合必要な交換部品は

 

  • アンテナ本体
  • ブースター
  • 分配器

 

これらになります。

 

新築で新たに立てる場合にはそれらに加えて、地デジ用のアンテナ(八木式アンテナ or デザインアンテナ)や配線用ケーブル、ケーブルを繋ぐユニットなどが必要になります。

 

4K8K対応機器を個別に一般小売価格で見ていきますと

 

  • アンテナ本体 10,000円〜
  • ブースター 20,000円〜
  • 分配器 8,000円〜

 

この辺りが実勢価格となっています。(2017年 amazon 調べ。メーカーサイトではほぼオープン価格)

 

ですが、これはあくまで一般の方がDIYで取り付ける用。このサイトをご覧になるまでもなく詳しい方ならいざ知らず、DIYでのアンテナ工事がいかに難しいかはこちら
をご覧頂ければ分かるかと思います。

 

では、アンテナ工事の業者さんに取り付けをお願いすると・・・・・・

 

・既存のアンテナから4K8K対応への切り替えの場合 65,000〜75,000円

 

・新築で地デジアンテナも含め新規に立てる場合 85,000円〜100,000円

 

といった価格が相場のようです。

 

実はこの価格、以前私の工事をお願いした業者さんと別件の相談をしていた際に聞いた話なのですが

 

「うちは施工実績を沢山作りたいから今は4Kの工事に関してはほぼ部品代だけで格安でやらせてもらってますよ。ただ今は需要が高くて、工事も立て込んでるから正直少し高めに工事してる業者がほとんどじゃないのかな。」

 

との事でした。また

 

「将来的には4K8K対応のテレビやチューナーが当たり前になってどんどん4K8K放送を見るのが当たり前になるだろうし、これから新しくアンテナを立てるなら4K8K対応のアンテナを立てるのが断然お得だろうね。一生ものだし後々追加工事になったら二度手間になるからね(笑)」

 

とも言っていました。

 

確かにテレビ本体・チューナーも今後どんどん発売されるでしょうし、アンテナ工事も4K8K対応が当たり前になってくるでしょう。

 

ただ現時点では、初物・新物扱いという事で既存のアンテナ工事よりは高いのが実情のようです。

 

 

 

4K8Kアンテナ工事のタイミング

 

では、今は若干お高めなアンテナ工事をいつ行うのがベターなのか。

 

買いたい時が買い時!!・・・・・・と言ってしまったら終わってしまうので、そのような状況にある4K8Kアンテナの導入時期について少しだけまとめてみます。

 

前項でお伝えした通り、2017年現在は価格面だけみたらそれほどいいタイミングではないかもしれません。

 

しかし、今後本放送が始まる2018年に向けて、より需要が高まる事が予想されます。

 

前述の業者さんは「部品の価格は元々変動が少ない市場だから大幅に安くなる事はしばらくないだろうね」と言っていました。また、工事自体が立て込む状況はあまり変わらないか、よりスケジュールがタイトになる事が予想され、あまり目には見えない「工賃」の部分もしばらく値下がりの気配は無さそうです。

 

一つの目安としては2020年の東京オリンピックでしょう。新規の設置・4K8K対応アンテナへの変更、どちらもここを需要の頂点としてゆるやかなアンテナ工事価格の下落が予想されます。

 

しかし、そもそも新築でアンテナを立てる場合、引っ越しの時期は待ってくれません。

 

どうしても現時点でのコストを削減したい場合には、“とりあえず地デジアンテナだけ立てておく”という選択肢が考えられます。

 

4K8KアンテナはBS CSと共用のパラボラアンテナとなりますので、4K8K放送だけでなくBS CSも見れなくなりますが、本放送が始まるまで様子見するというのは選択肢の一つにはなるでしょう。

 

ですが、後々設置するのであれば工賃(技術代ですね)が2重にかかってしまうという罠も。

 

テレビ本体は次から次へと新機種が出てきては旧モデルの価格が一気に下落する水物のような相場ですが、アンテナ工事に関しては頻繁に新モデルの部品が出るわけではありませんし、取り付けの技術代金に大きな下落はありません。

 

ある程度割り切って、付けたい時に付けてしまうのが一番かと個人的には思います。

 

ちなみに、アンテナ工事の業者さんはそれほど大きな会社がやっているわけでなく、こちらで解説している通り対応も様々です。

 

以前、私が工事を行ってもらった業者さんは親身にコミュニケーションを取ってくれる担当者さんだったので、今でもお付き合いさせて頂いていますが、そういった業者さんで人間関係さえしっかり築ければ多少の値引き交渉も可能かもしれませんね。

 

結局のところ信頼できる業者さんかどうか。ここが一番大事なポイントではないでしょうか。