地デジ、BS・CSテレビアンテナ工事のDIY

MENU

アンテナ工事のDIY

業者さんに頼むと高いから自分でアンテナを設置しよう!
そう思われる方もいると思いますが、では実際にどんな手順で行えばいいのか。
アンテナ工事のDIYとその注意点をご紹介いたします。

 

必ず確認しておきたいポイント

 

自分でアンテナを設置する際のチェックポイントは以下の通り。

 

  • 電波を測定できるかどうか
  • 配線の取り回しはイメージできるか
  • 屋根や壁の加工がきちんとできるか

 

まずは上記の3点です。また、BS・CSのアンテナも考えている場合には

 

視聴可能な角度を正確に測定できるか?

 

というのも大きなポイントです。筆者はCSアンテナを実際に自分で設置しようと試みた経験がありますが、何となく手作業で角度を変えるだけでは全く映らず断念しました(笑)。
それぞれに機材や工具も必要となってきますので、そう簡単には出来ませんがいくつかDIYが簡易になるポイントがあるので解説していきます。

 

電波測定とアンテナ選びの裏技

 

まずDIYで大きな障害となる電波測定ですが、最も手っ取り早い方法は「プロの業者に見積もり“だけ”」してもらう方法です。
業者さんに迷惑がかかるのであまりオススメは出来ませんが・・・見積もりの時には必ず電波測定をしますので、その際に設置が可能な場所を確認しちゃうという方法です。
一般的な屋根上はもちろん、室内や壁面、はたまた屋根裏など、設置を希望する場所を予め伝えておいて電波測定をしてもらえば余計な機材は必要ありません。
また、この時に見積書をもらえばそこに必ずアンテナの型式名(商品名)が書かれていますので、あとはそれをネット通販や量販店等で安く入手してしまえばOK。
アンテナ選びも一緒に出来てしまう一石二鳥の裏技です。
ちなみに、自分でやる場合にはアンテナレベルを測るチューナーやサテライトファインダー(と配線)などの測定器が必須です。
他にもワンセグ携帯をお持ちの場合、設置したい場所でワンセグがクリアに見れれば電波状況に問題がない可能性が高いのですが、チャンネルによっては電波が弱いなんてケースもあるのでこれは確実性で劣ります。
あまりオススメできない方法ですね。

 

尚、私の実体験では決してこれをしたかったわけではないのですが、見積書をもらうのにはかなり苦労しました。
こういう方法でDIYをする方が多いからなのか・・・業者さんも警戒してるのかもしれませんね。
ご利用はあくまで自己責任で(笑)

 

 

配線の取り回し

 

設置場所がどこであろうと必ず必要なのが配線。
アンテナだけでなくブースターや分配器、それぞれにケーブルが必要なのがわかりますね。
これらをきちんと用意できるかどうか、外壁や屋根裏などから室内へ配線を引っ張る方法、そしてそれぞれの設置位置について事前にイメージ&確認をしておきましょう。
ちなみにブースターには通常、利得調整(電波強度調整)用のスイッチがついています。
後々受信感度の微調整をするために、手の届く場所に設置しておくと良いでしょう。

 

 

屋根や壁の加工に関して

 

こと配線に関してはアンテナ→ブースター→分配器→室内壁面のコンセントという流れで加工は必要ないケースがほとんどだと思いますが、アンテナやブースターの設置に関してはそうはいきません。
アンテナの設置は、予め用意されている専用の場所などありませんので、屋根に固定するため・外壁に取り付けるための穴開け・固定が必要です。
これに関しては似たような作業経験の無い方が、未経験からDIYをするのはまず無理だと思ってください。
固定するための部品はもちろんですが、加工に必要な工具を持っていない場合、それらを揃えるだけでも高くつきます。
穴開けが必要な場合には、雨漏りや腐食を防ぐコーキング剤も必要です。
これが出来て初めてDIYにトライできる条件が揃ったと言えますね。

 

 

アンテナ工事DIYの要注意点

 

アンテナ工事のDIYは、穴開けや器具固定の作業経験があることが大前提となりますが、それでも不測の事態は考慮しておきましょう。
特に注意すべきポイントが、アンテナ落下です。
自分がTVを見られないだけなら問題ありませんが、もしも台風や落雷などでアンテナが損傷・落下し隣の住宅などを傷つけてしまった場合、当然ながら一切補償が効きません。
また高所での作業となりますので、ご自身が落下して大ケガをするリスクも付きまといます。
穴開け加工と事後処理が万全でない場合、ぱっと見ではわからなくても雨漏りや腐食が数年後起こるリスクもあります。
結局うまくいかずに業者さんに頼むことになっても、自分で買ったアンテナやブースターなどの機材を使ってくれず、新規に購入しなければならない可能性もあります。

 

DIYはあくまで“すべて自己責任”!!

 

少しでも不安に思うところがあるようならば、始めから業者さんにお願いするのが無難です。
自分は、少し調べて「うん、無理だ」と速攻で諦めました(笑)。

 

⇒業者に依頼するときのアンテナの相場はこちらでチェック