ケーブルテレビからアンテナ工事への乗り換えステップ

MENU

ケーブルテレビからアンテナ工事への乗り換えステップ

すでにケーブルテレビを契約済みの方が、アンテナに乗り換える際、最もハードルが高いように思われがちなのが途中解約の違約金です。
また、自宅の固定電話もセットになってるから・・・・・・なんて心配もありますが、どちらも大丈夫。
日々の節約のため、実際に筆者が経験したことを踏まえてベストな乗り換え手順をご紹介します。

 

 

STEP.1 ケーブルテレビの違約金金額と更新月の確認

 

まずはケーブルテレビを解約するにあたっての違約金と更新月を確かめましょう。
これらが書かれた書類は必ず契約の際に渡されますが、どこにしまったか分からないなんて時には電話をするのが一番です。
たまたま更新月が近いならラッキーですが、中々そう上手くはいきません。
違約金が発生することを前提に、まずその金額を確認しておきましょう。

 

J:COM 問い合わせ(http://www.jcom.co.jp/contactus/)
フレッツテレビ 問い合わせ(https://flets.com/customer/contact/contact_ftv.html)

 

 

STEP.2 次は新規のインターネット契約のキャッシュバックキャンペーンを探そう

 

アンテナ工事なのに次がインターネット?と思った方もいるかもしれませんが、冒頭に述べた通り乗り換えの一番のネックが途中解約の違約金です。
せっかくアンテナへの乗り換えがコスト面で得だと知っても、更新月がずっと先だから忘れてしまったり、乗り換えそのものが面倒になったりしますよね。

 

でも違約金なんて今はほとんど気にしなくて大丈夫なんです。
インターネットの新規契約では、数多くのキャッシュバックキャンペーンが利用できます。
アンテナ工事の専門業者さんの場合、インターネット回線の契約もセットでやっているところはそう多くありません。
ですが、インターネットの新規契約に関しては、回線の乗り換えが頻繁に行われている為、途中解約の違約金程度なら十分まかなえるキャッシュバックをつけている業者さんが数多く存在します。
筆者も以前これを利用してネット回線を乗り換えたことがあるのですが、2014年時点のサービスでも2万円のキャッシュバックがついてきました。
2016年現在、最大8万円のキャッシュバック!なんてところも存在しており、こういったキャンペーンを利用することでケーブルテレビの違約金が0円(むしろ少しプラス)になり、タイミングを気にせず乗り換えを検討できるようになっています。
STEP.1で違約金を確かめたら、次にそれを賄えるキャッシュバックキャンペーンを探しましょう。

 

また、ケーブルテレビで固定電話のサービスもセットになっていてそれが心配、なんて方も大丈夫。
今はネット回線と固定電話のサービスをセットにできない業者さんなんてほぼありませんし、電話番号ももちろん変わりません。
合わせて申し込みをしてしまえばこれまで通り問題なく電話も使えます。

 

 

気をつけたいキャッシュバックの罠

とは言え、1つだけご注意を。
インターネット回線の新規契約におけるキャッシュバックキャンペーンでは、そのほとんどが「有料オプションをつける事が条件」となっています。
キャッシュバックが高額になればなるほどこの傾向は強く、有料オプション自体にも複数年の縛りがついてるケースも。
筆者が乗り換えた際は、申し込み時に加入が必要なものの、すぐに解約してもOKというキャンペーンでした。
キャッシュバックで得をしたつもりが、よくよく計算してみたら結局損・・・なんてことのないよう気をつけましょう。
ケーブルテレビからの乗り換えの場合、ただでさえ他にも手続きがあるので、欲張らずケーブルテレビの違約金が戻ってくるならOKくらいの気持ちで選ぶと気持ちにも余裕が出来ますね。
ちなみに、キャッシュバックキャペーンは契約後に特定の手続きが必要なものがほとんどです。
こちらも忘れないよう気をつけてくださいね。

 

 

STEP.3 ネット回線の工事確認

 

条件に合致しそうなネット回線のキャンペーンが見つかったら、次は回線工事に関する確認です。
これは念のため確認しておきたい程度のものですが、すでにケーブルテレビ経由でネット回線が引かれている場合、稀に新規の回線を引く際に工事費がかかるケースがあります。
仮にかかったとしても数千円〜1万円程度がほとんどですので、ケーブルテレビをそのまま使用しているよりはコスト削減になりますが、念のため事前に確認しておきましょう。

 

 

STEP.4 日取りの調整

 

さぁここまで来たらいよいよ工事ですが、重要なのは日程調整。
アンテナ工事は業者さんの予定が合えば

 

問い合わせ

現地見積もり

OKなら即工事・当日施工完了

 

と早ければ問い合わせから数日で終わる場合もありますが、インターネット回線に関しては開通までに申し込みから1ヶ月程度かかります。
この調整がうまくいかないとネットは使えるけどテレビが見れないとかその逆が起こってしまいます。
ケーブルテレビの解約日についても同じことが言えますので、余裕を持って日取りの調整をしておきましょう。

 

新規のインターネット回線とアンテナ工事の業者さん、両方の目星がついたら

 

まずはインターネットの開通日を確認

開通日の近辺でアンテナ工事をお願いする

両方の日に合わせてケーブルテレビの解約

 

この流れで進められればベストですね。

 

ちなみにアンテナ工事は、事前に業者さんに問い合わせて出てきた見積もりと現地を確認しての見積もりで差額がでるケースがあります。
せっかく全部の日取りを合わせたのに現地見積もりでご破談なんてことのないように、こちら(「価格と相場」原稿の該当ページにリンク貼ってください)のページを参考にしっかり業者さんを選んでくださいね。

 

 

まとめ

 

ケーブルテレビからの乗り換えは、手続きという点ではやっぱり面倒なものです。
しかし、正しい順序と適切なキャッシュバックの利用でまったく損をすることなく乗り換えが可能なのです。
残念ながら集合住宅の場合には個人で契約方法を選べないようなところもありますが、一戸建てならアンテナの方がコスト面で有利なのは間違いありません。
毎月のケーブルテレビの支払いが気になっている方は、是非とも一度乗り換えを検討してみてください。

 

⇒アンテナ工事の費用や料金の詳細はこちら