工事を依頼する前に知っておきたいアンテナの種類

MENU

アンテナ工事を依頼する前に種類を知っておこう

そもそもアンテナって何?

テレビを見るためにはそもそも地上デジタル放送の電波を受信できる環境が無ければなりません。
アパートやマンション住まいの方はたまに勘違いする方もいるのですが、画面を写すテレビ自体にその電波を受信する機能はありません。
家の屋根上など外部に設置されているアンテナがその電波を拾い、ケーブルをつたってテレビまで映像をつなげています。
家の壁にあいている穴にケーブルをつないでもアンテナが無ければ当然テレビ番組は見られません。
つまり、テレビを見るためにアンテナは必要不可欠なのです。

 

言われなくても「そんなの知ってるよ!」って話なんですが、いざ新築を建てるとついその存在を忘れてしまうんですよね・・・私もすっかり頭から抜けていました(笑)

 

その他にも光ファイバーやケーブルTVなどでも無料視聴可能な地域がありますが、これらは難視聴エリアと言われ、山や森、高層マンションが電波塔からの電波を遮断してしまうエリアに限定されます。
その他の地域でこれらの視聴方法でテレビを見る場合は毎月基本料金が発生してしまいます。
通常はアンテナで電波を受信し、テレビを視聴する形が一般的です。

 

 

アンテナってどんな種類があるの?

 

地デジのアンテナは現在多数のメーカーから発売されています。
オーソドックスな屋根上に取り付けるタイプやデザイン性に優れたもの、室内・屋根裏などにも設置できる小型のものまで様々で、それぞれ価格も特性も変わってきます。
ですが、基本的には八木式アンテナデザインアンテナか、の2択です。
業者さんの言いなりになる前に一通りの種類だけは把握して、自分の希望はどちらなのかを確認しておきましょう。

 

八木式アンテナ

 

アナログTVの時代から広く普及しているもので、魚骨のような形をしているアンテナです。
現在の地デジはUHFアンテア、アナログ時代はVHFアンテナとも呼ばれていますが、どちらも広義では八木式アンテナに属します。
屋根上に設置されている事が多く、一般的なTVアンテナはこの形状を想像する方が多いと思います。
地デジ化された現在でも最も多く設置されており、一般購入の場合価格帯も4000円前後と比較的安価となっています。

 

一方、外部に露出したままのアンテナなので風雨や雪などの天候、鳥の棲家になるなどの外的影響を受けやすく損傷することがあるようです。
サイズも大きくしっかりと固定するには屋根上での危険な作業となるため、専門の業者にお願いするのが一般的です。
新規設置の際には工事がしっかりしていることはもちろんのこと、ある程度の年数保証をつけてくれるところを選ぶのが望ましいでしょう。

 

ちなみに八木式アンテナではよく14素子、20素子といった言葉を見かけます。
基本的に素子の数が多くなるほど感度が高くなる、と考えればOK。
ただし、単純に感度が高ければ高いほど良いといったものでもなく、設置場所の電波状況や広さ、風の影響などを考慮して最適な物を選ぶのが大事です。
この選択に関してはやはりプロの業者さんたちの経験に優るものはありません。
素子の多少は金額にも関わってきますが、きちんと説明を聞いた上で納得のいくものであればお任せするのが無難ですね。

 

 

デザインアンテナ


非常に洗練された薄型平面タイプの外観をした、新築物件などに導入する際にそのデザイン性の高さから選ばれることが多いアンテナです。
一昔前では考えられないような形をしていますが、色も4色から選べたり、オシャレにこだわりたい方にオススメです。
価格は八木式アンテナよりも高額な1万円前後となっております。
また、取り付けが八木式アンテナと比べて簡易なことも特徴のひとつです。

 

しかし、デザインアンテナの場合、最も気をつけなければならないのが電波状況です。
形状の特性として強風に弱く屋根上の設置に向いていないため、家の外壁やベランダに取り付けるのですが、外壁部分は屋根上と比べ電波が弱くなる傾向にあります。
アンテナの受信性能そのものは八木式のアンテナと変わらないのですが、取り付ける位置が壁面になり高さが取れない為、ご自宅の電波状況によっては場所を問わず取り付け自体が不可能なケースもあるようです。
しかし、プロの業者さんは電波の取り方も様々な方法を知っている様で素人が電波を取れなくてもプロにお願いしたら受信できた、なんてケースも多々あるようです。
また、壁面に穴をあける作業になる為、防水処理をしっかり行う必要があります。
これを怠ると最悪のケース雨漏り・・・なんて事もありますので経験の無い業者さんにはお願いしない方が無難です。

 

 

通常、自宅の地デジ用アンテナとして選べるのはこの2種類です。
場合によっては屋根裏などに隠して設置することも可能ですが、原則として「自宅の設置可能場所における電波の強さ」が選択に大きく関係してきます。

 

  • デザインアンテナを希望するのであればまず先に電波が取れるかを確認
  • 八木式とデザインどちらも選べる状況なら価格と外観を考慮して検討

 

この順序で選択すると良いでしょう。現地での電波調査や見積もりを無料で行っている業者さんも多いので、気軽に問い合わせてみるのが一番ですね。
逆に言えば最初の問い合わせ段階で見積もりや電波調査を嫌がる業者さん(残念ながらいるんです・・・)については、融通が効かない事が想像され、アンテナの種類を選べなかったりするので注意が必要です。

 

 

電波とアンテナの関係

 

実際に業者さんに施工の際に伺った話です。
UHFアンテナで電波を受信してTVを安定的に視聴する為には、3つのレベルが重要だそうで、まず1つがネットでもよく見る電波強度。
こちらを一口にレベルと言っている方も多いとのことですが、これが十分なレベルでもテレビが視聴できない、もしくはノイズが入るなどの不具合が発生するケースがあります。
例えば携帯電話の電波ですが、画面では3本たっていても通話が途切れてしまったと言う経験があるかと思います。
あれは携帯電話には表示されていない他の2つの数値が原因で、BAR・MAR(バー・マー)と言われる品質が実は電波強度と同じくらい重要なんだそうです。
これをきちんと調整出来ていないと、雪や強風・大雨の際にテレビが映らないなんて事が起きてしまいます。
電波強度はブースターで増幅できるのですが、品質だけはアンテナそのものでしか調整できないのです。
「ここら辺は専用の機械じゃなきゃ調査できないから、プロの業者に依頼してね(笑)」
と笑いながら説明してくれました。

 

 

番外編1:室内用小型アンテナは使える?

 

上記2種のアンテナ以外では、非常に小型で安価(1200円程度〜)な室内用アンテナという物も存在します。
これを使って地デジを見ることも可能なのですが、大きな欠点として電波が取りづらい(取れない)ことがあげられます。

 

地デジ用のアンテナは、東京であればすべてスカイツリーから発した電波を拾うよう、その方向を向いています。
ですがTV用の電波は障害物に反射するため、高層ビルが目の前にあればアウトですし、住宅内部の鉄骨や配管などにも邪魔をされてしまいます。
受信能力も八木式はおろかデザインアンテナにも遠く及びません。
よくDIYでアンテナを設置して地デジが見れるようになった、というサイトやブログなどがありますが、それは単純にそのお宅がたまたま室内でも電波を拾い易い環境にあっただけで、万人に使えるアイテムではないのです。

 

室内での小型アンテナ設置は、電波の安定性が保証できないため、基本的に業者さんも室内用小型アンテナの設置は引き受けてくれません。

 

小型アンテナは原則としてしっかりとした知識があり、受信障害が発生した際にも対処できる上級者向けのアイテムですね。

 

 

 

番外編2:BS・CSアンテナのアレコレ

 

BS・CS放送は地デジと電波の周波数・波長などが異なるため、受信するためのアンテナを別途設置する必要があります。
そのため地デジ用のアンテナと同時に設置を業者へ依頼することも可能ですが、アンテナ代は別途必要になります。

 

また、かつてBS・CSともにデジタル、アナログが分かれており、アンテナの設置角度もバラバラでしたが、現在は110度対応の共用アンテナひとつでBS・CS両方の受信が可能です。
2016年現在、BS・CS非対応というテレビはほぼありませんので、別途チューナーを用意する必要もありません。

 

ですので新規にBS、CS放送を見たいという場合にはまずアンテナを立てましょう。
価格帯はアンテナ本体が5000円程度〜で、プラス工賃が必要となりますが、視聴することが決まっているならばキャンペーン等を利用して工賃込みで1万円程度に抑えることが可能です。
ただしこれはスカパーさんに別個に申し込んだ場合の話。
アンテナ工事の業者さんはほぼすべてのところが地デジアンテナとの同時設置も受け付けていますが、BS・CSアンテナの上乗せ分は約15,000円〜程度かかりますので少しお高め。
工事の立会いの時間を2度作るのとこの金額を出してしまうのどちらが楽かは人それぞれですが、コスト面ではキャンペーン利用の別途申し込みが有利です。

 

尚、その他にも1点ご注意を。

 

BS・CS共用アンテナ設置=NHKの受信料が上乗せ

 

BS放送はテレビとアンテナがあれば何の手続きをしなくても勝手に映るので、一見無料放送のように思われがちです。
しかし見る見ないに関わらず受信環境が整っていれば、NHKの受信料にBS放送分となる「衛星契約」が義務付けられています。
これは通常の受信料とは別に毎月約900円ほどかかります。

 

BSを見たいのであれば受信料自体は義務ですので、支払うのは当然なのですが、「CS放送だけ」を見たい場合うっかり共用アンテナを設置しないよう気をつけましょう。

 

日本でCS放送と言えばスカパー!ですが(wowowはBS放送)、スカパー!は2016年時点で

 

  • BS・CS共用アンテナで見れる「スカパーサービス」
  • 専用チューナーと対応アンテナが必要な「スカパープレミアムサービス」

 

このふたつのサービスがあり、プレミアムサービスの方が見られる番組が多くなっています。
テレビ本体を買う際に家電量販店で「このテレビでスカパー!は見れますか?」と聞いて「はい!チューナー内蔵なのであとはアンテナ設置と受信契約をすれば大丈夫です!」という返答があったとします。
これは前者の「スカパーサービス」が見れる、という事を指していて、共用アンテナを使うので見る見ないに関わらずBSの受信も必然的についてきます。
プレミアムサービスは全く別の受信方法なのでチューナーも別、アンテナも別です。

 

CSを新規に見たいという方は

 

  • スカパー!で見たいチャンネルはどれなのか
  • それはBS・CS共用の「スカパーサービス」内にあるチャンネルなのか
  • あったとしてもBS放送も一緒にいるのか

 

これらを事前に整理せずに設置してしまっては、NHKの「衛星契約」という余計な出費を生むだけでなく、本来見たいはずの番組が見られない、なんてことにも繋がります。

 

BS・CSアンテナの設置に関しては、安易に共用アンテナを使うのではなく、その用途と今後の出費についてよく整理してから検討することをオススメします。

 

⇒地デジアンテナ、BS・CSアンテナの費用の詳細はこちら