アンテナ工事の相場や価格を知って失敗しない業者選びを!

MENU

アンテナ工事の相場について

理解しておきたいアンテナ工事の費用のポイント

 

地デジやBS・CSのアンテナ工事を考えている場合に一番気になるのがそのお値段。
何度もやるようなものでは無いので相場を知らないというケースがほとんどだと思いますが、アンテナ工事では基本的に下記の料金がかかります。

 

必ず必要になる費用

  • アンテナ本体の価格
  • ケーブルや資材の費用
  • 設置工事費用(工賃)

 

場合によって必要になる費用

  • 分配器の機材代
  • ブースターの機材代
  • それぞれの工事費用(工賃)
  • アンテナ交換の場合、既存アンテナの撤去・回収費用
  • 遠方の見積もりや工事の場合の出張費

 

おおまかに分けるとこのようになります。
アンテナ工事に関して検索をかけると目に留まるのが1万円を切るような値段提示をしている業者さんですが、
その費用以内でおさまることは100%ありません。

 

ネットで見かける値段は主にアンテナ本体(とケーブル等の付属品)の価格提示であるケースが多く、実際に新規アンテナ工事の見積もりを依頼するとどんなに安くても総額3万円〜はかかってしまいます。
高いところだと総額5万円以上するようなところもありますが、違いが出る大きな原因は「工賃」です。
アンテナ本体の価格というのは、価格.comなどでも調べられることからどこの業者さんでも大きな違いはありません。
ですが「工賃」に関しては業者さんの言い値がほとんど。これが価格差の大きな要因です。

 

本来であればこの「工賃」こそ明示してもらいたいところですが、どこの業者さんもネット上では詳しい見積もりを明示していないのが現状です

 

⇒アンテナ工事の価格をまとめてある記事はこちらです

 

なぜ価格を明示できないの?

 

アンテナ工事の業者が工賃の見積もりを提示できない理由はズバリ「工法が家ごとにそれぞれ異なるから」です。
自動車の部品交換のような場合、車種による違いはあるものの作業工程はほぼ決まっているため工賃を画一化しやすいのですが、アンテナ工事の場合そうはいきません。
まず屋根の高さや傾斜、デザインアンテナならばその取り付け位置など、設置場所に関する問題があります。
さらにテレビを見るための配線を何部屋引く必要があるのか、設置場所の電波強度によってブースターは必要か、ブースターの種類はどうするか等々、
とにかく工事を行う上での条件が全く同一ということがほぼ無いのです。
唯一「同じ家」とも言えるモデルハウスの建て売りですら、電波の取れ具合が個々に異なります。
その為、アンテナ工事の費用はケースバイケースになってしまうんです。
また、実際に業者さんに問い合わせたところ、ネット上に明示してしまうと差額が出た時にトラブルになりやすいから、といった回答もありました。
世の中にひとつとして同じ家が無い以上、正確な見積もりを事前に知ることが出来ないのは仕方の無いことかもしれません。

 

 

アンテナ工事で損しない為には?

 

では、実際に価格を見積もりしてもらう際、
損をしないために気をつけたいポイントは何か見ていきましょう。

 

大手家電量販店・コールセンターの見積もりには注意

 

ヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手家電量販店に頼めば安心……というわけではありません。
こういった量販店にお願いしても、実際に工事を行うのは施工場所に近い地元業者さんに委託しているケースがほとんどです。

 

これは「全国どこでも工事します!」というようなコールセンターと施工業務を分けている業者さんも同様です。
当然そこには紹介手数料のような形で利益が上乗せされるので、価格はアンテナ工事専門業者さんに直接頼むより高くなりがちです。

 

また、最初に問い合わせた際の見積もりは現場を見ないで提示される目安の価格になり、店頭・コールセンターで対応してくれる方が施工するわけではないので、知識が不足しているケースが考えられます。

 

実際に見積もりを依頼しても「先に工事日を決めて欲しい」なんてパターンには要注意。

 

量販店・コールセンター経由でも施工する業者さんと直接話が出来て、事前に明確な見積もりがもらえれば問題ありませんが、この確認を疎かにしてしまうと後々納得行かない価格で工事をお願いするなんて事に繋がりかねません。
もちろん、全ての業者さんがこうではありませんし、大手や業務委託形式ならではの手厚い保険・ノウハウの蓄積といった付加価値はありますが、原則として実際の施工業者を選べないに等しいということは覚えておいた方がいいでしょう。

 

TVとネット・電話などの利用方法をイメージしておく

 

では専門業者さんに問い合わせをするとして、その前に1つしておく事があります。
それはテレビやネット・電話などの通信インフラをどのように使いたいのかをイメージしておく事です。

 

  • 何部屋でTVを見たいのか(分配器の種類に関わります)
  • 見た目重視でデザインアンテナをつけたいのか(デザインアンテナは設置経験が少ない業者さんもいます)
  • BS・CS放送も同時に見たいのか(立てるアンテナの数が変わります)
  • キャンペーンを利用して固定電話やネット回線とセットで申し込みをするか(申し込み方で初期費用・ランニングコストが変わります)

 

といったように、工事に関わる部分と自身が何を望んでいるのかを事前に整理しておくことはスムーズな見積もりに繋がります。

 

アンテナ工事の依頼〜設置までの流れ

 

通常アンテナ工事の流れは、

  1. 電話やメールでの問い合わせ(目安となる見積もりをもらう)
  2. 現地調査の日取りを決める
  3. 現地で最終見積もり
  4. 施工

といった流れで行いますが、最初の電話の際にどういった工事を希望しているのかがハッキリしていなければ業者さんも見積もりの出しようがありません。
最悪、よく分かっていないお客だからと電話では安く提示しておいて、断りづらい現地見積もりの段階で価格を上げてくる、なんてケースもあり得ます。
電波状況やブースターを設置する屋根裏など、現地でしか分からない部分について、事前の見積もりとの差額が出ることはどうしてもありますが、工事内容の希望については明確に伝えられるようにしておきましょう。

 

 

何はともあれ事前のコミュニケーション

 

事前の電話・メールなどによる見積もりに対して、どこまで明確な回答があるかは業者さんを選ぶ上での大きなポイントです。

 

例えば三階建てや屋根の傾斜が急な場合には危険作業料、デザインアンテナを取り付ける壁面の素材が特殊な場合は特殊工法、といったように工賃が高くなりやすい事例があります。

 

ご自宅がこれらのケースに該当しそうな場合、事前相談の際に工賃の幅をある程度伝えてくれるかどうかをチェックしましょう。
また、疑問に思うことに対して様々な選択肢とその価格を提示してくれるかどうかも大切です。
この初期段階でのコミュニケーションをあえて曖昧にするような業者さんは最終見積もりが相場より高くなる傾向があります。

 

こればかりは実際に色々な業者に問い合わせて比較してみるしかありませんが、工賃の幅を事前に問い合わせ、現地見積もりとの差額が想定できる業者さんを選ぶのが価格を抑えるポイント。

 

もちろん、現地調査の出張費用は無料!となっているところに片っ端から見積もりをしてもらうのもひとつの手ですが、立会いのために割く時間を考えれば現実的な方法とは言えません。

 

実際に様々なところに問い合わせた経験上、大変残念ながら「見積もりの前に工事日を決めろ」などという“言い値ありき”の業者さんがまかり通っているのが現実です。
そんなところが本当にお客さんのため、と一所懸命工事をしてくれるか・・・私は疑問です。
価格を抑えるためにも安心して施工をお願いするためにも、事前のコミュニケーションを大切にしましょう。

 

 

アンテナ工事を依頼するときのポイントのまとめ

 

残念ながらアンテナ工事の相場というのは同じ内容の工事がほぼないという特性上、正確な比較はできずおおよそ3〜8万円が通常の価格と言う程度にとどまります。
だからこそ単に安いから、ではなく価格提示の方法とその内容にしっかりと納得できるかどうかが重要です。

  • 自宅に合う様々な選択肢があるか
  • 何より親切丁寧な対応か

この2点だけは少なくとも事前に確認しましょう。
現地見積もりの時点でどれだけ疑問点を少なくしておけるかが、適切な価格でアンテナ工事を行うことに繋がります。
決して安くは無い工事、人生で何度もやらない工事だからこそ、これらをしっかりと見極めた上でお願いすることをオススメします。

 

⇒アンテナ工事の相場、費用から工事の流れを詳しく知りたいならこちら