テレビの電波が弱くてアンテナが立てれらないときには?

MENU

地デジの電波が弱い立地条件での地デジ、BS・CSアンテナ工事について

自分の住む地域は大丈夫?

テレビを見るために意外な落とし穴がありました・・・。

 

初めての土地柄でしたのでどこの業者に頼めばいいのかわかりませんでした。
そこでハウスメーカーさんに聞いたところ、私の住んでいるこの地域は、地域特性で地デジの電波が入りに
くい土地柄との事
でした。

 

一昔前、つまり地デジが普及する前は、この地域の住民で大きい集合アンテナを建ててそこから電波を受信
していたそうです。
地デジが普及してもやはり電波は弱く、アンテナ(よく家の屋根の上にある魚の骨のような物)では受信で
きませんとの事。
そこで、とった方法は。
ケーブルテレビです。

 

ここの住民の方々は皆さんやはりこの方法、もしくはひかりTVでした。
ひかりTVはランニングコストもかかることからケーブルテレビを選択しました。
私の住んでいる地域では、ふれあいチャンネルというケーブルテレビ会社の管轄でしたので、業者を迷うこ
となくここにお願いしました。
申し込みの電話をして、まずは電線からどのように線を引き込むのか現地調査をしてみますとの事でしたの
で、お任せすると。
な、なんと、まさかの電柱の強度不足でした。
つまり、電力会社の持ち物である電柱の強度がケーブルテレビの線の張力に耐えられない可能性がある、あ
るいは強度の基準を上回ってしまうとの事。
そこで一旦諦めかけて、ひかりTVを検討しましたが、ダメ元でふれあいチャンネルさんに何とかできない
のかお願いをしました。
すると、電線から枝分かれした様な形でなら引けるかもしれないという回答が。
これを共取りと言うそうです。
なのでこの共取りという方法で工事を依頼しました。
ちょうど、その時期に工事予約が立て込んでいるという事と、お盆が来るという悪いタイミングで、工事は
お盆明けになるとの事でした。

 

工事日を待って、ようやく工事の日を迎えました。
工事の内容は、電線から家の屋根に線を引き込む事と、テレビの設定でした。
工事の作業時間は大体1時間くらいでした。

 

無事作業も終わり、念願のテレビが映った時には感動しました!
工事にかかった費用はふれあいチャンネルさんが負担してくださったので無料でした。
最初にかかる手数料3000円は、次回の口座から引き落とされますとの事でした。

 

普通に地デジ電波が入って、屋根の上にアンテナを付けた場合にはだいたいどこのアンテナ設置業者にお願いし
ても3万円から4万円くらいだそうです。

 

そして、BS・CSですが、私の場合はケーブルテレビですので、プランの中から選んでいくという形でし
た。私はスポーツを主に見たいので、スポーツチャンネルを主とする契約プランに申し込みました。
この場合で月々の金額は4千円ほどです。

 

BS・CSをケーブルテレビではなく通常の形で観ようと思うなら、パラボラアンテナ(円盤のようなもの)
をベランダなどにつけます。
その場合の費用は1万円くらいです。

 

電波が弱い時にはブースター工事と言って電波を受信しやすくする工事もあります。
1万円から4万円くらいです。

 

地デジとBS・CSアンテナを設置した場合の相場は7万円くらいだそうですが、長い年月を考えるとどちら
が良いのかは各家庭で違いそうですね。

 

アンテナの調整や破損などでアンテナもいつどうなるかわかりませんが、ケーブルテレビだと月々の料金も
かかりますし。

 

自分の住む地域の特性などももちろん考えなければいけませんが、アンテナを建てる場合も、アンテナの保
証であったり、取り付ける位置だったりで長い目で見たときのコストも多種でしょう

自分の安心して任せられる業者や家電量販店に依頼することが大切なのではないでしょうか。