4K8Kを見るためのアンテナ工事と費用について

4K8kアンテナ工事費用

この記事でわかること、

  • 4K8Kのアンテナ工事費用の相場と詳細
  • 4K8Kのアンテナ工事の内容と視聴方法
  • 4K8Kアンテナ工事のタイミング

 

最近、家電量販店で売られている最新のテレビを見るとよく目にするのが4K8K対応の文字。「今までより綺麗な画面になるんでしょ?」というところまでは知っている方も多いと思います。
それは勿論その通り。ですが、テレビを買うだけでは実は4K8K放送は見れないという事はご存じでしたか?
4K8K放送は衛星より電波が送信されていて、BSやCS放送と似た視聴方法となります。
しかし、周波数やチャンネルが違うため4K8K放送を視聴するためには対応するテレビだけでなく専用のチューナーや専用(BS CSとの共用)アンテナ、それに伴うブースター・分配器などの周辺機器の交換が必要になってくるケースがあります。
現在はスカパーHD(プレミアム)の一部チャンネルやインターネット放送で試験的に4K8K放送が始まっており、本放送は2018年12月1日から順次始まります。
本放送が始まれば、全国放送をしているNHKや日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビなどにも専用の4K8Kチャンネルが割り当てられ、これまでの地デジ放送用とは別のチャンネルで視聴する形となります。
また、2019年以降にはwowowやスカパーなどのCS放送でも順次4K8K放送専用チャンネルが始まる予定で、2020年の東京オリンピックを始めとするビッグイベントなどを超高精細画像で楽しむ事が出来るようになります。
盛り上がりを見せる4K8K放送をこれから視聴したい!!という方に是非知ってほしい4K8K放送に関するアレコレをまとめてみました。

 

 

最新2018年冬版!4K8Kのアンテナ工事費用の相場は?

4k8kアンテナ2018年費用

 

  • 既存のアンテナから4K8K対応への切り替えの場合 50,000〜60,000円
  • 新築で地デジアンテナも含め新規に立てる場合 70,000円〜90,000円

 

上記が4K8Kのテレビを視聴するためにアンテナ工事をお願いした場合の工事料金の目安です。(2018年11月時点)
「高い」と感じた方も多いと思いますが、今までの地デジアンテナやBS・CSアンテナの工事とは異なり割高なのは下記のような理由があります。

 

4K8Kのアンテナ工事にかかる費用の詳細

4k8kアンテナ費用内訳

 

テレビ本体の価格については、年式やサイズによって値段がピンキリすぎますのでここでは割愛させていただきます。
主に4K8Kのテレビアンテナ工事に関する費用の相場についてご説明します。

 

※従来の地デジアンテナ・BS CS放送のアンテナ工事の相場については【こちら】をご覧ください。

 

基本的には工賃プラス部品代金と考えて頂ければOKなのですが、4K8Kのアンテナ工事を行うのは新築でイチから新しく設置というパターンだけではなく、既にテレビは視聴できているけど4K8Kが見られるように切り替えたい、というケースもあるかと思います。

 

その場合必要な交換部品は下記の通り、

 

  • アンテナ本体
  • ブースター
  • 分配器
  • 分波器
  • ケーブル

 

新築で新たに立てる場合にはそれらに加えて、地デジ用のアンテナ(八木式アンテナ or デザインアンテナ)やケーブルを繋ぐユニット・アンテナの固定器具、衛星ミキサーなどが必要になる場合があります。

 

今までのアンテナ部品はなぜ使えない?

既存のアンテナ部材はなぜ使えない?

 

ブースターや分配器、テレビとアンテナを繋ぐケーブルなどは4K8Kの周波数に対応していない為、使い回しが出来ません。これが4K8Kのアンテナ工事が高額になる主な理由です。
最近アンテナ工事をした方なら4K8Kに対応している部材を使っている可能性もありますが、2017年以前に工事したとなればほぼ対応していないものだと考えていいでしょう。
また、技術的な問題もあります。
4K8Kアンテナは従来のBS/CSの電波を同時に受信するパラボラアンテナですが、同時受信するための角度調整が非常に繊細で、その為施工できる人はまだ多くありません。その分高い技術料が工賃に上乗せされるのです。

 

4K8Kアンテナの工事をお考えの方は、きちんと技術と知識があり、導入実績がある業者にお願いするのが良いでしょう。

 

【4K8K導入実績No.1のアンテナ工事業者はこちら】

 

4K8K対応機器の個別費用

 

4K8K放送に対応している部品の個別の価格は以下のようになっています。

 

  • アンテナ本体 12,000円〜
  • ブースター 20,000円〜
  • 分配器 4,500円〜
  • 分波器 800円〜
  • 衛星ミキサー 4,000円〜

※(2018年11月 価格ドットコム参照)

 

ただ、これらの価格はあくまで一般の方がDIYで取り付ける用。前述の通り高い技術力と正確かつ高額な電波測定機が要求される4K8KアンテナのDIY設置は一般の方には現実的ではありません。

 

4K8Kアンテナ工事を安くするタイミングと方法は?

4K8kアンテナを安く工事するポイント
4K8Kの本放送に対応したアンテナの工事は、すでに行われていますが、安く工事を行う為のチェックポイントをご紹介します。

 

工事代金が安くなるタイミングは2019年夏頃?

4K8kアンテナのタイミング

 

あくまで予想ですが、4K8K放送は2018年12月に開始される為、このタイミングから引っ越しシーズンとなる春先(2019年3〜5月)頃までは需要が高いままで推移する可能性が高いです。
これは4K8Kチューナー内蔵テレビやチューナー単体でも同じことが言え、それまでは値下がりしづらい状況が続くことが予想されます。

 

また、2019年10月に予定されている消費税増税(10%へ)のタイミングも考慮すると、ベストなタイミングは2019年夏頃となるのではないでしょうか。

 

ただ、2018年初頭から4K8Kアンテナ工事は始まっていましたが、2018年末時点では年始に比べて1〜2万円ほど工事代金が値下がりしています。
地デジ特需の時とは違い、全員が全員買い替えなければならないという話でもないこと、ネットの発達で価格比較が簡単にできること、需要が高まると同時にネット系業者を中心に価格競争も高まること、これらを考えるとこのまま寝下がる価格推移となる事も十分考えられるため、基本的にはご自身のタイミングに合わせる形でもさほど問題ありません。

 

新築で新しくアンテナを設置する人は4K8Kアンテナを取り付けるべき?

新築4Kアンテナ工事
これから新築に引越す方は4K8Kに対応したアンテナを取り付けたほうがいいのかな?と疑問に思う人も多いと思います。
今は4K8Kのアンテナ工事は他の地デジ・BS・CSアンテナに比べて工事費は高くなっています。
しかし、予算に余裕があるのであれば今後のことを考えて4K8Kに対応したアンテナを取り付けてしまったほうが良いと思います。
先述しましたが、今までのアンテナの部材や部品が使えなくなることもあり2度工事することになると高くついてしまうからです。
2018年12月に4K8K放送が本格的に始まり、各テレビ局も番組制作に力を入れて面白い番組もでてくる可能性も十分にありますし、2020年のオリンピックでは放送もあると予想されています。
そう考えた場合今後の為に設置してしまったほうが後々綺麗な画質で映像を楽しむことができます。
もし、予算的に後から工事したい場合には、工事前に工事業者にその旨を伝えて4K8Kのアンテナに対応した部材を多く使ってもらうことで2度目の工事のときに金額を抑えることができます。

 

4K8K放送を見る為に テレビ側のチェックポイント

4K8kテレビの視聴設備
4k8k放送を視聴する為にはアンテナ工事だけでなくテレビ側での準備も必要です。

 

従来の4K8Kテレビはチューナー非搭載である点に注意

4K8kチューナー
まずテレビ本体についてですが、2018年10月以前に発売されている4K8Kテレビはあくまでも4K8K画像を表示できるものでチューナー搭載のテレビは発売されておりません。
HuluやNetflix等の配信系アプリが搭載された4K対応のテレビはネット回線での配信となる為チューナーを必要としませんが、2018年12月に始まる4K8K本放送を視聴するには専用のチューナーが必ず必要になります。
4K8K対応のテレビとアンテナに加えて『チューナーが必要』という点に注意して下さい。

 

また、現在スカパーHD(プレミアム)で4K放送を視聴されている方も、それはあくまでもスカパー用のチューナーとなる為、新たに4K8K用のチューナーを設置する必要があります。

 

チューナー単体の相場

24,679〜199,510円
※2018年11月 価格ドットコム参照

 

4K8Kチューナー内蔵テレビやチューナー単体は続々発売中

4K8kチューナー内臓テレビ
2018年11月中旬にシャープから「AQUOS 4K AN1」という型番の4Kチューナー内蔵のテレビが発売されました。
BS4Kの放送を見ながら裏番組の録画もできる機能が付いています。
また、同時期にシャープから『AQUOS 8K』AX1シリーズも発売されます。
世界初の4K8Kチューナーの内蔵テレビとなっており高画質で美しい映像を楽しむことができます。

 

また、従来の4K8K対応テレビでも使えるチューナー単体も2018年秋ごろより各メーカーから続々発売されています。
チューナー非搭載のテレビの場合、こちらを設置することで4K8K放送を視聴することが出来ます。

 

【AQUOS 4K AN1の公式ページはこちら】
【AQUOS 8K AX1シリーズの公式ページはこちら】

 

 

4K8K放送のアンテナについてもっと詳しく

4K8kアンテナ詳細
4K8Kのアンテナ工事は、放送開始が迫ってきて徐々に認知され始めています。それと同時にアンテナ工事の需要が高まることが予想されていますがが、スケールは違うもののこの状況は地デジ移行時とよく似ています。

 

地デジ切り替え時に横行した高額請求に注意

4K8kアンテナ工事詐欺
2003年から始まったアナログ放送から地デジ放送に切り替わる際、その影響力の大きさから雨後の筍のごとくアンテナ工事業者が乱立した経緯がありました。
そうして一気に需要が高まる時は、えてして詐欺まがいの業者も混じる物。
地デジ移行時に詐欺や不当な高額請求が問題になった、ように同様の悪徳業者が増えることも考えられます。

 

参考リンク:総務省 地上デジタル放送に関する悪質商法とその対策

 

これらの被害に合わない為にはしっかりと予備知識をつけることが大事です。本当に必要な部品、本当に必要な工事、そして大凡の4K8Kアンテナ工事の相場をしっかり把握して、被害に合わないよう注意しましょう。

 

4K8K電波は何が違う?周波数詳細

4K8kレベルチェッカー

 

4K8K放送はこれまでのBS/CS放送と見た目は同じパラボラアンテナの為、一見違いが分かりません。ですが、目には見えない周波数に違いがあり、その為ブースターや分配器等の周辺機器の変更が必要です。

 

これまでは地デジ放送で最も低い470MHzからCS放送で最も高い2071MHzまでの帯域をスムーズに通す為に作られた物で、多くが2400〜2600mHz近辺までを保証帯域としていました。
しかし、4K8K放送では3224MHzまでの帯域が設定されています。

 

従来のテレビ用のブースターと分配器は余計な電波を通さないよう、低すぎたり高すぎたりする周波数を拾ってしまってもパスする(無視する)よう作られていて、そうなるとブースターや分配器が正常に働かずテレビが視聴できません。
その為、ブースターや分配器などの周辺機器の交換が必要なのです。

 

※試験的に始まっていたスカパーの4K放送はCS放送の周波数帯を利用している為、従来の機器で視聴できました。

 

4K8K対応レベルチェッカーの価格

39,800〜136,800円
※2018年11月 価格ドットコム参照

 

 

テレビ視聴の基本的な仕組み

4K8kテレビ視聴

1.放送塔(スカイツリーなど)や衛星からの電波をアンテナで拾い

2.ケーブルで送電し

3.拾った電波をブースターと呼ばれる機器でテレビに映るようパワーアップさせ

4.分波器・分配器を経由して各部屋へと分かれて

5.各部屋から配線をテレビに繋いで視聴

 

といった流れで視聴します。

 

これは地デジ、BS/CS、4K8K放送いずれも変わりませんが、こういった基本的な知識が無いと業者の言いなりに工事を行うハメになってしまいます。

 

今後需要が高まる可能性の高い4K8Kのアンテナ工事を検討されている方は、是非とも正しい知識とお得な業者選びで、損をしない工事を行って下さいね。

 

【4K8K導入実績No.1のアンテナ工事業者はこちら】


TOPへ