4K8K放送は本当に必要?消費者目線で見た4Kテレビの必要性

4K8K

018年12月からついにBSで本放送が始まった4K8K放送!……と言っても未だに何のことだかよく分からない、という方も多いのでは?テレビ本体はすでに4K対応の物が色々と発売されていますが、実際にBS4K放送を見る為に必要な準備は何なのか?費用はいくらかかるのか?テレビだけじゃ見られないの?そんな『要するにどうすりゃいいのさ?』という謎を分かりやすく解説していきます。

 

BS 4K放送とは?

総務省4K8K

引用:総務省公式HP

すでに多くの方が『要するに画面がキレイになるんでしょ?』ということはお分かりかと思いますので広色域化だとか画像の高速表示だとか多階調表現だとか輝度だとか、そういった専門的なお話はここではすっ飛ばして、そもそもなぜ4K放送、8K放送が必要かをご説明します。

 

それは、テレビ本体の大型化が進んでいるから、なのです。

 

4Kはなぜ必要になったのか

4K8Kなぜ必要?

BS4K放送は2019年末に始まりましたが、そもそも4Kテレビはその数年前から発売されていました。なぜかと言えば、4K放送の番組があるから4K画質が必要だったのではなく、テレビ画面が大型化したことにより、より高精細に映像を映さないとテレビの粗が目立ってしまうから、なのです。

 

4K放送が無い時代のテレビ、主に民放の番組はフルハイビジョン、すなわち2K放送でした。しかし、テレビの大型化が進んだ結果、フルハイビジョンをそのまま大画面(50インチ〜)の液晶に表示させると、画質が荒くなってしまう。しかし、地上デジタル放送では、データの通信量や通信システムの問題から4Kのデータは送れない。

 

そこで、アップコンバートという機能を使い、テレビ本体で2Kを4K画質に変換する機能が生まれ、テレビを大型化しても画質に問題が無いようテレビ自体が進化したのです。4Kの衛星放送よりも先に4Kテレビが生まれましたのは、放送元の画質ありきではなく、テレビのサイズに準じた画質が必要だったから、なんですね。

 

ですので、そもそも43インチ以上の大型テレビなんて必要ない!という方は、4K8K放送のことは忘れてOKです(笑)

 

4K放送とテレビ本体の関係

4K放送とテレビの関係性

では、実際に4K放送とテレビの関係がどうなっているかを表で現わしたものが下記になります。

 

アップコンバート付き4KTV アップコンバート無し格安4KTV フルハイビジョンテレビ(2K)
地上デジタル放送 4K画質 2K画質 2K画質
スカパー4K放送 4K画質 4K画質 2K画質
Wowow4K放送 4K画質 4K画質 2K画質
従来のBSチャンネル 4K画質 2K画質 2K画質
VOD 4K放送(※1) 4K画質 4K画質 2K画質
新BS 4K放送右旋 4K画質 4K画質 2K画質
新BS 4K放送左旋 4K画質(※2) 4K画質(※2) 2K画質(※2)

 

※1 ビデオオンデマンド……Amazon PrimeやNetflix等インターネット回線を使用した有料放送チャンネルの4K放送
※2 新BS4K放送の一部チャンネルを視聴するには、テレビ本体が4K対応であるほかに専用のチューナーやアンテナ等各種周辺機器の対応が必要です。

 

4K放送を見るための周辺機器

画像引用:受信サービス(株)

 

新BS4K放送は、NHK、テレ朝、テレ東、TBS、フジなどがすでに放送を始めていますが、現在のところどの局も番組内容は探り探りといったところ。

 

NHKBS4Kでは、過去のNHKスペシャルの再放送などが多いのですが、これらの放送は元々4K以上の画質で撮影されていたものを従来はNHK総合(地デジ)のフルハイビジョンに“画質を落として”放送されていました。

 

ただ、上記の表にある通り、すでにアップコンバート機能付きの4Kテレビをお持ちの方なら、これまでも4K画質で見られていたわけで、BS4K放送の再放送を見ても画質は何も変わらないのです。

 

また、既存のBSアンテナがすでにある方はch258のDlifeを確認してみて下さい。このチャンネルが見られる方は、そのままでBS4K右旋(NHKや民放5局)の4K番組は見られますので、アップコンバートの有無にかかわらず4Kテレビがあれば追加工事等の必要はなく4K放送が楽しめます。

 

※アップコンバート機能は厳密に言えば4Kの解像度を実現していない為、人によっては画質が悪いという評価もあります。

 

4K8K放送への対応は本当に必要なのか?

全てのBS4K8K放送を見る為には、以下が必要になります。

 

  • 4K画質対応のテレビ本体
  • 新BS 4K放送対応チューナー
  • 4K8K対応のBSアンテナ
  • 4K8K対応のケーブル・テレビブースター等の周辺機器

 

しかし、これらの全てを揃えるには、すでに4K対応テレビがある方でも5〜8万円程度の費用と工事の手間がかかります。
そこまでして、新BS4K8K放送への対応は、果たして必要なのでしょうか。
管理人的には、既にテレビを見る環境が整っている方なら、焦る必要は全くない、というのが回答です。

 

2019年は、2011年の地上デジタル放送への切り替えから時間がたち、ちょうどテレビの買い替え需要が発生することから、4Kテレビ、8Kテレビが売れ筋商品となる、という予測が出ています。消費税増税も控えていることから、テレビ本体の駆け込み需要はあるかと思いますが、その他のアンテナ本体や外付けチューナーをわざわざ買い替えるほどの状況ではないように思えます。

 

ただし!新築でアンテナを建てるなら4K8K対応を選ぶべき

新築4Kアンテナ

 

しかし、新築一軒家のようにテレビの視聴環境そのものが整っていない、というケースは別です。新築の一戸建てでは、通常地デジ用・BS/CS用のテレビアンテナはどちらも設置されていません。その為、テレビを見る為には自分でどこかの業者にアンテナの設置工事を依頼する必要があるのですが、その際に使うアンテナ本体・ケーブル・テレビブースターなどの各種機器は、現在4K8K対応の物と旧来の4K8K非対応の物とが市場で混在しています。

 

もしも、古い4K8K非対応の物を設置した場合、今後4K8Kに魅力的な番組が増えたとしても、そのままでは視聴できません。その時に全ての機器を丸ごと入れ替えるとなると、当然、工賃や部品代金が余計にかかってしまいます。

 

テレビのアンテナは一度建ててしまえば20年程度はメンテナンスフリーで使えます。これから新規にテレビアンテナを設置する場合には、4K8K対応の物を付けておいた方が良い、というのが2019年時点での状況です。

 

4Kのアンテナを建てる費用はいくらかかる?

4Kアンテナ工事の費用

ここからは、4Kアンテナを建てる方向けに工事内容と費用の詳細をご紹介していきます。

 

現在テレビを見ている方が4K8K対応に切り替える費用

現在テレビの視聴環境が整っている方が4K放送を見る為に必要となるのは以下の費用です。

 

  • 4K対応チューナー……2.5万円〜5万円
  • BSアンテナの取り換え工事費用……約5万円(※)

※BS/CSアンテナ本体・分配器・ケーブル・ブースター・工賃コミの総費用の目安です

 

4K対応のテレビ本体を除いて、上記の費用がかかります。尚、4Kチューナー内蔵のテレビは43インチモデルで7.5万円〜20万円程度。60インチを超える大型モデルも販売されています。こちらのテレビがあれば外付けのチューナーは不要ですが、いずれにせよアンテナ工事は必要です。

 

新規に4K対応のアンテナ工事をする際の費用

新築一戸建てなどで新規に4K8K対応のアンテナ工事を行う場合には、下記の費用がかかります。

 

  • 4K対応外付けチューナー……2.5万円〜5万円
  • 地デジアンテナ設置+4K8K対応BS/CSアンテナ設置……約7万円〜

※工賃やブースターの設置費用コミの総額目安

 

テレビ本体が4Kチューナー内蔵ならば外付けチューナーは必要ありません。新規設置の場合、地デジ用のアンテナも同時に建てることから、入れ替えよりも料金は高くなります。

 

4K対応のアンテナ工事って何をするの?

BS4Kのアンテナ工事は、主に下記が作業内容になります。

 

  • BS/CSパラボラアンテナを4K8K対応の物に交換
  • ケーブルを4K8K対応に交換
  • 分配器やブースターを使用している場合、それらも全て4K8K対応に交換

分配器やブースターなどの周辺機器は各家庭の視聴環境次第なので、使用していないところもあるかと思います。特にブースターを使っていない場合には、1.5〜2万円ほど安くなります。

 

ただ、アンテナ工事は業者次第で値段が数万円変わるケースも少なくありません。下記ではBS4Kアンテナの入れ替え工事のオススメ業者を記載していますので、参考にしてみて下さい。

 

格安で4Kアンテナ工事が出来るオススメ業者一覧はこちら

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

 


TOPへ