テレビアンテナの修理 費用の目安について

NO IMAGE

突然テレビが見れなくなった!!その原因は様々ですが、屋根上や外壁に設置しているアンテナが強風・老朽化・鳥などの被害で破損・倒壊してテレビが見れなくなることがあります。

そんな時、アンテナを修理する必要がありますが、テレビアンテナの修理は素人には難しい作業。多くの人がアンテナ業者に修理を依頼します。

そこでアンテナ修理の費用や一般的な相場について解説します。

 

アンテナ修理の費用・相場について

テレビアンテナの修理費用の相場は以下の通りです。

  • アンテナ本体・固定器具の交換 15,000円~20,000円
  • アンテナ本体がそのまま使える場合の再設置のみ 6,000円~10,000円
  • BS/CSアンテナの角度調整・再設置のみ 5,000円前後
  • BS/CSアンテナの本体交換 12,000円~20,000円

ここにその他の部品が加わると大凡下記の価格がプラスされます。

  • ブースター交換 8,000~25,000円
  • 分配器交換 4,000円~6,000円

修理が必要な箇所によって細かく費用・相場が分かれているので、まずは上記が基本の金額と覚えて下さい。

修理が必要なアンテナ関連部品とは?

アンテナの修理を依頼した場合に、関連する部品は以下の通りです。

  • テレビアンテナ本体
  • ブースター
  • 分配器
  • 各種ケーブル
  • 固定・補修用器具(ビス・釘・コーキング材等)

これらの中で、最も破損率が高いのはアンテナ本体です。ブースターや分配器などは通常屋根裏等の家屋内に設置されているので、自然災害で壊れることはまずありません。

ただし、目視でアンテナ本体に問題が無い場合にはブースターやケーブル等の破損である可能性があります。

確認できる範囲で修理前に目視・写真撮影を

後の修理費用にも関わる部分ですが、可能であればアンテナが倒壊・破損している状況を細部にわたって事前に確認しておくことをオススメします。

また、その際スマホ等で写真を撮っておくと業者への依頼もスムーズにいきます。中には壊れていない部品を修理する際にわざと壊し修理代金の上乗せをする、というような悪徳な業者も存在しますので、そのような被害を防ぐためにも有効です。

※高所の場合、落下の危険が伴いますので決して無理な確認はしないでください。

 

アンテナ修理で損をしないため

テレビアンテナの修理に関しては、緊急性が高いことからついスケジュールを優先して高い業者に頼んでしまう方も少なくありません。ただ、修理費用で損をしないために業者に依頼をする前にまずは以下を確認してください。

火災保険や地震保険に入っていますか?

あまり知られていませんが、テレビアンテナの故障・修理費用は火災保険の対象内であるケースが多いです。まずは、加入している保険会社との契約内容を確認しましょう。

保険の対象内である場合、

  1. アンテナ工事業者に被害状況と対応策を相談
  2. 保険会社に状況を連絡
  3. アンテナ工事業者から出る見積もりを保管
  4. 保険会社に見積もりを提出
  5. 保険金が下りる

こいった流れになります。ポイントとなるのは先にアンテナ工事業者に相談した方が良いという点。一般的に火災保険には「〇〇万円以上の被害が対象」といった被害額に基準がある契約が多く、単純な修理だけの場合、被害額が不足して自腹になるケースもあります。

そういった制限がある場合、アンテナ工事業者に相談する事で、保険が下りるような内容の修理工事をしてもらえるケースもあるので、まずは業者に相談してみる事をおすすめします。

火災保険対応に強いアンテナ工事業者はこちら

見積もり内容は適正か?必ず自分で確認する

火災保険が使えず、実費でアンテナを修理する必要がある場合に気を付けたいのが、業者側の見積もり書の内容です。

悪質なケースでは、単純にアンテナがズレているだけなのに、アンテナを壊して本体ごと交換させたり、ブースターや分配器等の外部からは故障しているか判断しづらい部品を壊れているとウソをついて交換させ、修理費用を上乗せしてくる業者もいます。

見積もり書の内容は必ず確認し、不明な点があれば納得いくまでキッチリ業者側に説明を求めた上で、最終的な修理契約をするよう心掛けましょう。

屋根や壁面等の修理は必要か?

自然災害等でアンテナが倒壊した場合、それを固定していた器具も同時に壊れて屋根や壁面が破損しているケースは少なくありません。

そういった場合には、家屋の修理も必要ですがアンテナ工事の業者に修理を依頼するのはちょっと待った。

彼らはアンテナ工事の専門家であっても家屋のプロではありません。
特に屋根が破損して雨漏りなどが発生している場合、原因特定とその補修はプロでも難しい分野で、アンテナ工事しか知らない業者にはまず無理な作業です。

サービスで簡単な補修をしてくれる程度ならお願いして構わないかと思いますが、見積もりに『屋根の破損箇所の補修費用』などが含まれていたら要注意。

素人工事で料金を取るなどあり得ませんので、そういった業者には頼まないよう気を付けて下さい。

アンテナ修理でオススメの業者はどこ??

アンテナの修理を受け付けているのは主に下記の業者です。

アンテナ修理専門業者

ネット上で集客を行っているアンテナ工事の専門業者で、対応地域が限られている場合と全国対応(下請け提携業者が施工)というケースがあります。

対応地域が限られている場合、ほぼ自社スタッフで施工を行っています。

大手家電量販店

ヤマダ電機やビッグカメラ、ヨドバシカメラなどです。電話での正確な見積もり依頼が出ませんので、店頭で販売員と相談・現地確認の手間がかかります。

また実際に施工を行うのは自社スタッフではなく提携している地元電気店の業者であるケースが多く、その分費用面でも高額になるのであまりオススメはしません。

地元電気店

電気工事をメインとしているような地元密着型の電気店です。大手家電量販店や全国対応のアンテナ修理業者からの依頼を受け、テレビアンテナの設置・修理を行っています。

アンテナ工事専門業者に比べて費用が高いことと修理技術にバラツキが大きいので、あまりオススメはできません。

アンテナ修理の専門業者はどうやって選ぶのがベスト?

管理人が実際に見積もりを取って比べた実体験上、最もオススメなのはネット上で集客を行っているアンテナ工事の専門業者です。

ただ、数多い業者の中からどれを選べば良いのか。下記にて地域別の業者を紹介していますので、そちらを参考に検討してみて下さい。

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県
・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 
九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県
・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

      

BS/CSアンテナの修理なら4K8K対応化も検討してみよう

BS/CSアンテナの修理は、単純な角度のズレでテレビが映らなくなっただけであれば、修理費用は工賃しかかかりませんので数千円で可能です。

ただ、何らかの原因で破損・故障をしてしまいアンテナ本体の交換が必要となった場合には、これを機にBS4K8K放送に対応したBS/CSアンテナに交換するのも一つの手です。

現在、BS/CSアンテナを新規で設置するとBS4K8K放送に対応した規格の物が使われるのが一般的ですが、修理の場合、従来のタイプのままにするか、4K8K対応のタイプにするか選ぶ事ができます。

但し、自宅の状況によって修理費用が大幅に変わる点には注意。

BS/CSアンテナから伸びるケーブルが1つのテレビだけに繋がっているようなケースでは、修理費用は前述の12,000円~20,000円程度で済みます。

しかし、BS/CSアンテナからのケーブルが分配器等を通して複数部屋のテレビコンセントに繋がっている場合、これまでBS4K8Kが映らなかったものを4K8K対応にするには工事費が5万円以上かかってしまうケースもあります。

BS4K8K化を検討される場合には、下記記事も合わせてお読み頂き、予算を踏まえてアンテナ工事業者ともよく相談の上、決めて下さい。

参考リンク:4K8Kを自宅で見る為に必要な工事とその内容について