共同アンテナの廃止に伴うお得な乗り換え方法は?

近年、スカイツリーの建設に付随して、これまで難視聴エリアとされていた地域の共同アンテナを廃止する案件が増加しています。

共同アンテナが廃止になり、急にアンテナを自分で建てるかケーブルテレビの加入をと言われ

「何それ?どういうこと?」

という方も多いかと思います。ここでは、共同アンテナが廃止になった場合にテレビを見るためにお得な方法は何か、解説していきます。

 

共同アンテナとは?なぜ廃止になるの?

そもそもテレビの電波は公共の物として扱われており、全ての日本国民に受信できる権利があると法律で定められています。
しかし、近隣に高層建築物があったり、地理的な問題で各放送局からの電波が受信できない・し辛い地域というのが実際にはあり、そういったエリアをカバーするのは国や自治体の役目となっています。
その為に作られたのが共同アンテナです。

難視聴エリアをカバーするために共同アンテナで電波を受信し、各戸へケーブル等で地デジ電波を届ける形を取っていました。

スカイツリーで状況が変わった

関東圏では東京スカイツリーの建設完了・運用開始に伴い、これまで東京タワーからでは受信が難しかったエリアがスカイツリーからの電波を受信できるようになったエリアがあります。
それに伴い、運用コストのかかる共同アンテナを廃止する自治体もあり、それにより各戸で新規にテレビの視聴環境を整える必要に迫られています。

共同アンテナ廃止後はなぜ実費なの?

テレビの電波を受信する権利はありますが、そもそもテレビを見るかどうかは個人の自由です。
国や自治体の責任はあくまでも電波を受信できる環境に整える事であり、東京スカイツリーからの電波が届いている状況では、それを受信できるようにするかどうかは個人の責任という形になります。
その為これまで共同アンテナで受信できたエリアが廃止になった際、アンテナ工事を行ったりケーブルテレビに加入するかどうかは個人が負担する形となります。

 

共同アンテナが廃止されたらどうすればいいの?

では実際に共同アンテナが廃止になった後、各ご家庭でどう対応すればテレビが見られるようになるのか解説していきます。

テレビアンテナを建てる

東京スカイツリーからの電波を受信して、テレビへ繋げられるようにテレビアンテナを設置します。
テレビアンテナの詳細につきましては、下記ページをご覧ください。

参考記事:テレビアンテナを詳しく知るならこちら

テレビアンテナではNHKや民放の地デジ放送の他、BS放送、CS放送などを楽しむことができます。

ケーブルテレビに加入する

各エリアにそれぞれ加入できるケーブルテレビ局があり、月額料金を支払ってテレビを楽しむことができます。
また、ケーブルテレビ局によっては、独自のローカル放送局や、CS放送の一部がパック・セットで視聴できるといったメリットがあります。

ひかりテレビに加入する

インターネットのひかり回線を使ってテレビを見る方法です。
地デジ・BS・CS放送の他に、ビデオオンデマンド(VOD)での見逃し放送なども楽しむことができます。
ひかりテレビへの加入は、ネットの光回線がある事が前提となります。

 

お得な乗り換え方法はどれ??

共同アンテナの廃止で急な出費となるのは困りものです。そこで、ここでは費用・コストの面から最もお得な乗り換え方法は何か、解説していきます。

トータルコストが最も安いのはアンテナ工事

結論から言えば、最もお得な乗り換え方法は「アンテナを建てること」、つまりアンテナ工事を依頼することです。
乗り換え方法の3種「アンテナ工事」「ケーブルテレビ」「ひかりテレビ」はそれぞれ

  • アンテナ工事は初期費用はかかるが月額費用はかからない
  • ケーブルテレビとひかりテレビは初期費用は安いが月額料金がかかる

といった料金体系となっていますが、長い目で見れば確実にアンテナ工事がお得です。

料金比較の詳細は下記ページにて詳しく解説していますので、こちらも是非ご覧ください。

参考記事:これだけ違う!アンテナ工事とケーブルテレビ、ひかりTV コスト比較

これから共同アンテナから乗り換える方は、まずはアンテナ工事を検討してみてください。

アンテナ工事の費用・相場

一口にアンテナ工事と言っても様々な種類があります。そして、どのチャンネル・どの番組を視聴したいかによって工事内容が変わります。

NHK・民放の地デジだけで良ければ3万円が目安

地デジアンテナの工事にかかる費用は下記の通りとなります。

  • 八木式アンテナ……16,500円~(税込)
  • デザインアンテナ……22,000円~(税込)
  • ブースター工事……16,500円~(税込)

ブースターはこれまで共同アンテナで受信していたご家庭の中には必要のないケースもありますが、新規に受信環境を整えるためにはまず必要となるため、トータルでかかる費用は3万円~と見ておくのが無難です。
八木式アンテナとデザインアンテナの違いは、見た目のデザインです。

詳細は下記ページをご覧ください。

参考記事:テレビアンテナを詳しく知るならこちら

地デジ+BS放送は5万円~

地デジ放送に加えてBS放送も視聴したい場合のアンテナ工事費用は下記の通りとなります。

  • 八木式地デジアンテナ+BS/CSアンテナ……50,000円~(税込)
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ……55,000円~(税込)

BS放送を見るためには、地デジアンテナとは別のパラボラアンテナを設置する必要があり、ブースターも高額となるため上記の費用が目安となります。
また、現在はBS放送とCS放送(スカパー)を同時受信できるパラボラアンテナを使うのが一般的で、CS放送はスカパーと有料契約をすることで視聴できるようになります。
必ずしもCS放送に加入しなければならないわけではありません。

BS 4K8K放送を視聴したい方は6万円~

BS放送には2018年12月からスタートした4K8K放送があります。
画質が良く東京五輪等のスポーツイベントが迫っていることから需要も高い4K8K放送ですが、従来のBSアンテナでは視聴することができません。
その為、4Kテレビ・8Kテレビとはまた別にBS4K8K放送用のアンテナ他周辺機器をそろえる必要があり、アンテナ工事料金はやや高額となります。

 

アンテナ工事はどこに頼めばお得?

アンテナ工事は主に下記の業者に依頼することが可能です。

  • アンテナ工事専門業者
  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • 街の電気店

この中で最も料金が安いのは「アンテナ工事専門店」です。

アンテナ工事は、一般の方が普段から何度もやる工事、多くの方が購入する食料・家電等の小売り製品と違い、非常にニッチな市場です。
その為、一般の方が費用・相場を知らない、工事内容も知らないで必要に迫られて依頼するケースが多く、その為これまで言い値の工事料金がまかり通っているような工事でした。
かつて地デジへの切り替えの際には、単純な地デジアンテナ設置に10万円近い金額を請求していた業者も実際に存在しました。
ただ、現在はネットでの価格競争が進んでおり、そういった悪徳業者は駆逐されています。

一方、家電量販店やホームセンターはアンテナ工事が主業務ではない上に外注がメインとなるため、余計なコストがかかり工事費用が高くなります。
また、街の電気店はネット上の価格競争に疎いことから昔の慣習のまま高めの工事費用を請求する業者が多いです。
その為、安くて良い工事をするにはアンテナ工事専門店に依頼する必要があるのです。

 

アンテナ工事専門店の中でもおすすめは?

一口にアンテナ工事専門店と言っても多数の業者が存在します。
下記では、その中からおすすめの業者を掲載していますので、まずは下記からお住まいの地域に対応している工事業者を比較してみてください。

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県 ・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

 

お急ぎならみずほアンテナがおすすめ

アンテナ工事をお急ぎの場合、みずほアンテナがおすすめです。

みずほアンテナは業界最大手のアンテナ工事専門業者で、全て自社スタッフが施行・料金も最安値相当で工事を行える優良業者です。

みずほアンテナバナー

まずはこちらに無料見積もりをお願いし、余裕があれば他社へも問い合わせて比較する形が最もお得ですので、共同アンテナからの乗り換えをご検討中の方は、是非とも一度問い合わせてみてください。

 

共同アンテナからのお得な乗り換え方法まとめ

  • これからも長く住むならお得なのはアンテナ工事
  • 引っ越しの予定があるなら初期費用が安いケーブルテレビやひかりTVもアリ
  • アンテナ工事は専門店に依頼するのが最も安く安心
  • おすすめはみずほアンテナ

突然共同アンテナが廃止すると言われて困っている方も多いかと思いますが、正しい知識と手順で損をしないよう乗り換えられるよう当サイトを是非とも参考にしてみてください。