CATEGORY

地デジアンテナ種類と設置方法

このページでは地デジアンテナの設置方法やタイプ、用途、費用、取り付け工事はどこに頼めばお得か?などなど、地デジアンテナにまつわるお得な情報を徹底的に解説していきます。

 

地上デジタル放送・地デジアンテナとは?

地上デジタル放送とは、全国各地にある電波塔より地上波でデジタル化した信号が送られるテレビの視聴方法です。

地デジアンテナとは、このデジタル放送を受信するのに必要なVHFアンテナのことを指し、一戸建て向けの物から集合住宅向けの大型の物、屋外や車で使用される小型の物など様々な種類があります。

 

地デジアンテナの種類と用途・価格

地デジアンテナの種類

  • 八木式アンテナ
  • デザインアンテナ
  • 室内用小型アンテナ
  • 自動車用地デジアンテナ
  • スマホ用チューナー一体型地デジアンテナ

八木式アンテナの用途・価格

用途:戸建て・集合住宅における地デジ放送受信用
本体価格:1,600円~9,500円

地デジアンテナの内、一戸建てやマンション・アパート等の住宅用として使われるのが八木式アンテナです。八木アンテナ・VHFアンテナとも呼ばれます。魚の骨やシカの角のような形をしているのが特徴で、主に屋根上や外壁、屋根裏などに設置されます。

人気の八木式アンテナ

DXアンテナ:UA20
価格:2268円~

 

マスプロ:LS206TMH
価格:7246円~

八木式アンテナのメリット・デメリット

  • 価格が安い
  • 受信感度の強弱の選択肢が広く、弱電界~強電界まで幅広い場所で使える
  • 屋根上だけでなく屋根裏など設置場所の選択肢が多い
  • 見た目がダサい

デザインアンテナ

用途:一戸建て・集合住宅における地デジ放送受信用
本体価格:4,300円~11,750円
八木式アンテナと同じく一戸建てや集合住宅向けに使われるのがデザインアンテナと呼ばれる箱型の地デジアンテナです。従来は縦長のタイプが多く、八木式に比べて受信感度が弱い傾向がありましたが、四角い『彩アンテナ』と呼ばれる新商品では受信感度が増強されています。
外観を損なわないことから、新築一軒家での需要が非常に高く、家庭用では最も主流の地デジアンテナです。主に家の外壁に設置されます。

人気のデザインアンテナ

DXアンテナ:UAH261(W)
価格:6120円~

東芝:DUA-1000
価格:5930円~

デザインアンテナのメリット・デメリット

  • 見た目が良く家の外観を崩さない
  • 八木式アンテナよりやや高い
  • 製品や電波状況によっては設置場所が限られる

室内用小型地デジアンテナ

用途:1モニター専用・強電界専用 電波が取れるところなら持ち運び可能
本体価格:1,100円~4,500円

室内用の小型アンテナのデザインは多岐にわたりますが、共通しているのが受信感度が弱いという点と、受信した電波の分配がほぼ出来ないという点です。用途としては、自宅敷地内の離れ家屋や小屋、台所やキッチンなど、通常のアンテナケーブルが引けない特殊な場所でテレビを見たい場合に使用されます。

人気の室内用地デジアンテナ

DXアンテナ:US10WB
価格:1097円~

DXアンテナ:UTA2B(BK)
価格:2868円~

室内用小型テレビアンテナのメリット・デメリット

  • 価格が安く持ち運びが可能な為、様々な場所で使える
  • 受信感度が弱い為、電波が取れる場所が限定される
  • 1部屋(1画面)での視聴しか出来ない

 

自動車用地デジアンテナ

用途:車内モニターでのテレビ視聴用
本体価格:1,900円~12,000円

こちらは自動車内のモニターで地デジ番組を視聴するために取り付けられるアンテナで、ポール型・シャーク型・フラット型など様々な形状があります。受信方法もワンセグ・フルセグで異なります。高速で移動する自動車は受信が不安定になりがちな為、2×2・4×4などアンテナが複数使用されたりします。

スマホ用チューナー一体型地デジアンテナ

用途:スマートフォンでテレビを見る為
本体価格:12,000円前後

iPhone用、Android用ともに発売されているスマホ用地デジアンテナ(チューナー込み)です。充電ケーブルを刺すコネクタに本体ごと差し込み、スマホ本体から電源を取る形で使用します。

電波が受信できる場所であればどこでもスマホで地デジ番組を見ることができ、インターネット回線の通信量も一切かかりません。ただ、充電と同時接続が出来ない為、長時間の視聴には不向きです。

このように地デジアンテナには様々な種類がありますが、地デジ番組を視聴する方法はアンテナ以外にもあります。

 

アンテナ以外で地デジ番組を見る方法

ケーブルテレビに加入する

アンテナ受信以外にもケーブルテレビ(CATV)に加入し、有線でテレビと放送局を繋ぐことで地デジ番組を見ることが出来ます。アンテナを設置する必要はなく、衛星放送であるBS/CSの番組も視聴可能です。

TV視聴が電波の受信環境に左右されない点とチャンネル数が豊富な点が特徴で、地デジ電波が届きにくくアンテナでの視聴が難しいエリアを中心に導入されています。

一方、ケーブルテレビには下記のようなデメリットもありますので、導入には注意が必要です。

ケーブルTV(CATV)加入のデメリット

  • 初期費用+月額費用がかかるため、トータルコストが高い
  • インターネット回線・固定電話・TVがワンセットになるため、他社から良いプランが出ても契約に縛られ容易に変更が出来ない
  • インターネット回線が遅いケースが多く、通信量が多い作業(動画視聴や大容量のアップロード・ダウンロード)に不向き
  • 契約プランが多すぎたり頻繁に変更がある為、適切なプラン選択が難しく煩雑
  • 全国規模のケーブルテレビ局が少ない為、地域によってサービスに差がある

光TVに加入する

光TVもケーブルテレビと同様に有線で地デジ番組のデータを受信する為、アンテナの設置は必要ありません。衛星放送であるBS/CSの番組も視聴可能です。ケーブルテレビとは接続方法が違う為、インターネット回線が遅くならないのが特徴です。

一方、光TVにも下記のようなデメリットがあります。

光テレビ視聴のデメリット

  • 初期費用+月額費用がかかるため、トータルコストが高い
  • インターネット回線とセットの為、他社で良い料金プランやサービスが出ても簡単に乗り換えることが出来ない。
  • 契約プランが多すぎたり頻繁に変更がある為、適切なプランの選択が難しく煩雑

 

最もお得な地デジの視聴方法は??

自動車やスマホでの視聴のような特殊なケースを除き、コスト面で言えば間違いなくアンテナを設置して地デジを見るのが安上がりです。地デジアンテナの工事費は新規で戸建て住宅に設置する場合、約3万円~4万円程度ですが、その後はメンテナンスフリーで20年は使えます。

一方、ケーブルテレビや光TVは長く視聴すればするほど、月額費用が嵩みます。また、BS/CS放送はいらない、という方なら問答無用でアンテナ工事一択です。

ケーブルや光TVはBS/CS放送も基本プランで自動的についてきます。その為、ケーブル・光TVの契約とは別で、NHKの受信料(衛星放送分)も月額費用に上乗せされてしまいます。

直近に引っ越しの予定がある、ケーブルTVや光TVにどうしても見たい番組がある、といった方以外はアンテナを取り付けてテレビを見るのが最もお得です。

 

アンテナ以外で地デジ視聴に必要な周辺機器

地デジ番組を自宅のテレビで視聴する為には、アンテナを取り付ける必要がありますが、アンテナ本体以外にも下記のような周辺機器が必要です。

  • テレビ本体
  • 地デジ用チューナー
  • アンテナマスト
  • 屋根馬
  • 同軸ケーブル
  • 分配器
  • 分波器
  • ブースター

テレビ本体や地デジ用チューナー(現在はほぼテレビに内臓)以外の周辺機器・部品は設置方法や電波の受信環境によって必ずしも全てが必要なわけではありません。

ただ、これらの周辺機器のどれが必要でどれが不要かを判断するには、相応の知識と経験が必要です。通常、地デジアンテナの取り付けはアンテナ工事の専門業者に依頼するのが一般的です。

みずほアンテナは管理人が実際に自宅のアンテナ工事をお願いした会社で、関東・関西・東海地方など、主要都市の多くを対象エリアとしている業界大手の地デジアンテナ工事の専門業者です。

業界最多の工事実績があり、アフターフォローがしっかりしていて安心なのは勿論のこと、最安値相当の工事を行っていることは、業界を100社以上調査した管理人が太鼓判を押します。地デジアンテナの設置でお困りの方は、まずはみずほアンテナまで一度問い合わせてみては如何でしょうか。

 

地デジアンテナの設置方法は?

ここでは、住宅用の地デジアンテナについて、設置方法を解説していきます。

アンテナ本体の設置場所は主に3種類

  • 屋根上
  • 壁面
  • 屋根裏

アンテナ本体の設置場所は主に上記の三種類です。それぞれで固定に必要な部品は異なりますが、地デジの電波が取りやすいのは屋根上>壁面>屋根裏、の順。実際に電波が取れるかどうかは、レベルチェッカーを使って計測します。

基本的な配線・取り回し

画像出典:DXアンテナ

アンテナの固定場所が決まった後は、必要な周辺機器を用意して実際の作業へと移るわけですが、主要な部品やそれぞれの配線の基本的な配置図は上記画像の通りとなります。

地デジアンテナはDIYで設置可能?

結論から言えば地デジアンテナの設置に特別な資格は必要ない為、DIYでの取り付けも可能です。

もしも業者に頼んだ場合、地デジアンテナの設置費用は3~4万円程度、BS/CSアンテナとセットの場合は5~6万円程度かかりますので、アンテナ本体を含む全ての部品を自前で揃え、DIYした方が費用的にお得なことは間違いありません。

但し、地デジアンテナをDIYで取り付けるには、各種工具の取り扱いスキルがあるのは勿論のこと、以下のリスクを承知の上で行わなければなりません。

  • 高所作業になるので落下してケガをするリスク
  • もしも倒壊などで隣家に被害が出た場合に賠償責任を負うリスク
  • 住宅に固定用の穴をあける作業があり、腐食や雨漏り・水漏れなどが起こるリスク

DIYの費用が安いのは確かですが、部品を探して買いに行く時間、実際に施工する時間などの手間も考えると本当にコストが低いと言えるかどうか微妙なところ。よほど自信があるか挑戦意欲の高い方以外はプロの業者にお願いするのが無難です。

地デジアンテナのDIY 具体的な手順について

地デジアンテナをDIYで取り付ける際、最もネックになるのが一番最初の部品選びです。

  1. 設置場所を選ぶ
  2. 設置場所に応じて必要な部品を手配する

この2ステップをクリアする為には電波測定器(レベルチェッカー)が必須です。それが無ければアンテナ本体の種類を選ぶことも出来ません。

しかし、レベルチェッカーがあったとしてもdb値、C/N比、利得など一般には馴染みのない専門知識とその意味を理解した上で、ブースターの必要性の有無まで含め判断し、部品選びを行わなければなりません。

それらの知識がない方にはDIYはまず不可能です。

ただ、この2ステップを簡単にクリアする裏技が『アンテナ工事業者から無料見積もりを取り、工事は断った上で見積もり詳細を入手する』という方法。このやり方ならば業者が出す見積もり詳細に部品名・型番などが記載されているので、部品選びに困ることはなく、あとは固定作業と配線の取り回しだけになりDIYが格段に楽になります。

しかし、この方法は『依頼する気もないのに業者を自分勝手に利用する』という完全にモラル違反と言えるやり方。当サイトでは先にあげたリスクも考慮して、一般の方に地デジアンテナのDIYをオススメすることは一切ありませんのでご了承下さい。

 

地デジアンテナ工事の費用・相場と安くするコツ

地デジアンテナの設置工事 総費用の相場・目安

  • 八木式アンテナ ⇒ 15,000円~20,000円
  • デザインアンテナ ⇒ 20,000円~25,000円
  • 八木式+BS/CSアンテナ設置工事・・・35,000円~45,000円
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ設置工事・・・40,000円~50,000円

※BS/CSアンテナを4K8K対応にした場合+15,000円程度
※複数の部屋でTVを見る場合はほぼブースターが必要となり+15,000円程度

地デジアンテナの設置を業者に依頼した場合、上記が大凡の相場となっています。これにはアンテナマストやサイドベース、ワイヤー、金具、分波器などの部品は含まれていますが、TVを見る部屋が複数ある場合に必要な分配器やブースターの部品代・設置費用は入っておりません。それらを加えると1.5万円ほど値段が上がります。

また、業者によっては下記の費用がかかるケ-スもあります。

  • 出張費 ⇒ +3,000円~
  • 高所作業費 ⇒ +5,000円~

出張費は、営業所からの距離が遠い場合に一律で取られるケースがあります。また、無料見積もり後に現地での電波調査を依頼し、最終見積もりを確認した後に工事を断った場合、出張費が発生するケースもあります。

無料見積もりと言うと工事を頼みさえしなければ最初から最後まで無料と考えがちですが、相見積もり取って業者比較をしたい方は、この点は事前に確認しておきましょう。

また、高所作業費は3階建て以上の住宅や2階建てでも角度がありすぎて危険な屋根上にアンテナを設置する際に発生するケースが多いです。

地デジアンテナの取り付けを安く業者に頼むコツ

地デジアンテナの設置を業者に依頼する場合には、下記の2点を抑えておきましょう。

  • 複数社に見積もりをもらい相見積もりを取る
  • 設置場所や周辺環境の情報を詳細に伝えておく

相見積もりを取る意味

地デジアンテナの取り付け工事は、各家庭の状況や希望する工事内容によって非常に細かく価格が変わります。その為、各業者の公式HPにかかれている料金はほぼアテになりません。その為、きちんと見積もりを取った上で比較・検討することが大切です。

また、複数社から見積もりをもらうのは、価格比較をする以外にも、業者ごとの対応の違いを見ることにも繋がります。管理人はアンテナ工事を行った際、10社から見積もりを取りましたが、中には見積もり詳細を全く出さない業者もありました。

そういった対応の悪い業者を避けるためにも、複数社から相見積もりを取るのがオススメです。

事前見積もりの段階で予め伝えておくべき情報

見積もりを取る上で、最低でも以下の情報は業者に伝えましょう。

  • 希望するアンテナの種類 ⇒ デザインアンテナか八木式かで価格が変わる
  • 希望する設置場所 ⇒ 固定部材・価格が変わる ※電波レベル次第では必ずしも希望通りにはならない
  • 地方ローカル局を見たいかどうか ⇒ エリアによっては地デジアンテナが2基必要なケースがある
  • 周辺に高層ビルや竹林はあるか ⇒ 電波レベルが低くなりやすく設置場所に影響
  • BS/CSアンテナは必要かどうか
  • BS/CSアンテナは4K8K対応を希望するか ⇒ 4K8Kの場合ブースター等の周辺機器も対応製品に変わる

また、複数社からの相見積もりを検討している場合には

  • 現地での電波調査・最終見積もり提示後の契約拒否時に出張費が発生するか
  • 事前見積から内容が変更になった場合の金額例

これらも合わせて質問しておくと、スムーズかつ適正な価格での工事に繋がります。

 

地デジアンテナ工事のおすすめ業者とその理由

地デジアンテナの取り付け工事を業者にお願いする場合、管理人がオススメするのはみずほアンテナです。

オススメ理由1 料金が安い
管理人は実際にみずほアンテナを含む10社から見積もりを取り、地デジの工事を依頼した経験があります。加えて、当サイトを運営していくにあたり全国各地のアンテナ工事業者を100社以上調べていますが、間違いなく最安値相当と断言できます。

オススメ理由2 業界大手で自社施工だから安心
みずほアンテナは、アンテナ工事専門業者としては全国最大手です。施工を行うのは全員自社スタッフで、工事実績や経験も豊富。施工保証も8年ついています。

家電量販店やホームセンター、一部の全国対応業者など、提携業者を下請けに使い工事を丸投げしている業者とは技術力・安心感が違います。

オススメ理由3 明朗会計
工事実績が多いことから、多くの地域の電波事情を把握しており、事前見積もりの段階で細かく正確な値段提示ができるのもみずほアンテナの大きな特徴です。それにより、事前見積りと最終見積もりの差が少なく、詳細が分かりづらい地デジアンテナ工事の費用詳細をハッキリ提示してもらえます。

オススメ理由4 サービス・支払い方法が豊富
みずほアンテナでは、クレジットカード決済は勿論、他社には一切無いビットコイン支払いなどにも対応しています。また、工事代金でTポイントがもらえるサービスもあり、見た目の工事価格以上にお得なのも嬉しいポイント。

オススメ理由5 年中無休のスピード対応
施工担当スタッフのスケジュールさえ都合があえば、電話一本でスピーディな施工が可能です。即日施工は他社でも対応しているところは多いですが、年中無休・夜間も対応などの諸条件全てが揃っているのはみずほアンテナだけです。

実際に他社と比較してみた

それでも、他社との比較は大切です。相見積もりを取って検討する際には、下記にて地域別のオススメ業者の紹介・比較を行っています。口コミや評判などもまとめていますので、地デジアンテナの取り付けをご検討中の方は、是非とも参考にしてみてください。

 

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県 ・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

室内用地デジアンテナおすすめ5選とメリット・デメリット

自宅でテレビを見る為に必要な地デジアンテナと言えば屋根上や壁面などに設置される大型のアンテナを想像する方が多いと思います。 ですが室内でも気軽に使える小型の地デジアンテナもメーカー各社から販売されています。そこで、売れ筋・オススメの室内用地デジアンテナと設置・テレビ視聴に関する室内用ならではのコツや注意点についてご紹介いたします。   室内用地デジアンテナのメリット・デメリット 室内用ア […]

【2021年版】地デジアンテナおすすめ8選!住宅用から車載用、スマホ用まで

地デジ放送を見るために必要なアンテナは何がおすすめ?価格は?用途は??2021年の最新調査で判明した、用途別のオススメ・売れ筋の地デジアンテナをピックアップしてみました。 地デジアンテナの購入を検討している方は参考にしてみてください。   住宅用 おすすめ地デジアンテナ DXアンテナ UAH261(W) [オフホワイト] 価格:6,120円~ 動作利得:8.4~10.2dB ※メーカー公 […]

地デジアンテナのレベルの見方とテレビが映らない時の対処法

地デジアンテナのレベルとは電波をどの程度受信しているかの目安ですが、これはテレビ画面で確認できます。受信強度とも表示される地デジアンテナのレベルが低下すると、これまで映っていたテレビが急に映らなくなったりします。 ここでは、地デジアンテナをこれから設置する人、もしくはテレビが急に映らなくなった人向けに、地デジアンテナのレベルについて解説し、実際にテレビを見るまでの方法をご紹介します。   […]

地デジアンテナの角度調整が原因かも?テレビの映りが悪い際にチェックしておきたいこと

地上デジタル放送の受信に必要な地デジアンテナですが、経年劣化や強風などで角度が変わり、TVの映りが悪くなるケースがあります。 その際、アンテナの角度を自前で調整したいと思う方もいるでしょう。しかし、多くの方にとって地デジアンテナの方向を調整した経験などないはず。 アンテナの修理業者を呼べば話は早いですが、業者に依頼すると料金が発生してしまいます。 そこで修理業者を呼ぶ前に、自分でチェックできること […]

地デジアンテナの設置費用はいくら?DIYと業者依頼どっちがお得か徹底比較

地デジアンテナを設置しようとする場合、いくつか方法がありますがそれにより費用は大幅に変わります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットについてケースバイケースの最適解を詳しく解説していきます。   地デジアンテナの設置費用 屋外用地デジアンテナ設置を業者に依頼する費用・・・15,000円~35,000円 屋外用地デジアンテナをDIYで設置する費用・・・10,000円~20,000円 室 […]

地デジアンテナの向きはどう調整する?方向の取り方

ここでは地デジアンテナを自力で設置してみようという方向けに、地デジアンテナの種類別に向きや方向の調整の仕方を解説していきます。   まずは電波塔の位置を正確に知ろう 地デジアンテナの方向を決める際、何はともあれ知っておかなければならないのが設置場所から近い電波塔の方向です。電波塔はスカイツリーのような大きなものから、地方の中継局まで、全国各地にありますが、どの電波塔から電波を受信するのが […]

地デジアンテナにブースターは必要?基礎知識と正しいブースターの選び方

地デジなどのテレビ視聴に関する話でよく耳にするブースター。これは増幅器とも呼ばれ、アンテナで受信した電波をパワーアップさせる性能を持っています。しかし、一口にテレビブースターと言っても様々な種類があり、適切な使い方も異なります。そこで、テレビ用のブースターに関する正しい知識と使い方を解説していきます。   テレビブースターの種類 テレビ用のブースターは基本的に以下に分類されます。 UHF […]

地デジアンテナの種類とそれぞれの価格や用途を徹底解説

一口に地デジアンテナと言っても、一戸建て用、マンションやアパートの集合住宅用、はたまた自動車用、スマホ・PC用など様々な種類があります。 ここでは地デジアンテナの種類や用途、取り付け方法なども含めて、地デジを種類別に一つづつ解説していきます。   住宅用 八木式アンテナ 価格:本体価格:1,600円~9,500円 用途:一戸建て・アパート・マンション等、室内TV向け 最も一般的な地デジア […]

地デジアンテナの工事 設置方法やDIY手順・おすすめの業者とは?

ここでは、地デジアンテナの設置工事をご検討中の方に、アンテナの設置方法やDIY時の手順や注意点、業者に依頼する場合にはどうすればお得に工事が出来るのかなど、地デジアンテナ工事にまつわる情報を解説していきます。 このページで分かること、 地デジアンテナ工事の詳細 地デジアンテナをDIYで取り付けるための手順と注意点 地デジアンテナ工事のおすすめ業者   地デジアンテナの設置工事とは?何をす […]