神奈川県でのアンテナとケーブルテレビ(CATV)・ひかりTVを徹底比較

神奈川でのアンテナとケーブルテレビ(CATV)・ひかりTVを徹底比較

神奈川県で新築戸建てを建てる時、テレビを見る為の方法は「アンテナを建てる」「ケーブルテレビに加入する」「ひかりTV(フレッツテレビ、ソフトバンク光テレビ、ドコモ光テレビ等」の3種類があります。
ここでは、神奈川県の実情に合わせて、それぞれにかかる費用やチャンネルの違いについて解説し、ベストなテレビの視聴環境をお伝えします。

 

はじめに アンテナでの視聴可否の確認

まず、神奈川県は起伏が激しいエリアが多く、地デジ電波の受信が難しいエリアがあります。

 

上記の通り、電波自体は全エリアに届いているものの、人口の多い神奈川県では住宅が密集しているケースも多く、アンテナによる地デジ受信は周辺環境が大きく影響するエリアです。

 

アンテナ受信が可能か確かめる方法

まず、テレビアンテナで地デジ放送・BS放送を受信できるかどうかは、近隣の住宅をチェックしましょう。近隣の屋根や外壁を見て

 

アンテナ受信が可能か確かめる方法

 

下記のようなアンテナが設置されているようならアンテナ受信が可能となりますので、一つの参考にして下さい。

 

費用比較1.地デジ+BS視聴の場合

まず、神奈川県でテレビを見る場合に、地デジとBS(もしくは地デジのみ)が見られれば良いといったケースで費用が最も安いのは「アンテナ工事」です。

10年後の費用比較

神奈川での費用比較1.地デジ+BS視聴の場合

 

  • アンテナ工事 6万円
  • イッツコム 9.9万円
  • ひかりTV 12.5万円

ケーブルテレビには川崎市の一部に対応しているイッツコムの他にも横浜市の一部に対応した横浜ケーブルビジョン(YCV)や横浜市・川崎市・相模原市・大和市・厚木市などに対応のJ:COM、平塚市に対応の湘南ケーブルネットワーク(SCN)等がありますが、地デジ+BSのプランにおいてケーブルテレビ各社の中で最安値のイッツコムと比較してもアンテナ工事が最安値となりました。

 

アンテナ工事は初期費用こそ高いものの、地デジとBSの視聴にランニングコストが一切かかりません。NHK受信料は上記とは別途発生しますが、それはイッツコムやひかりTVも変わらない為、長く使えば使う程、ケーブルテレビやひかりTVよりもアンテナ工事がお得になります。
また、イッツコムを始めとするケーブルテレビ各社に加入するとNHKの「団体一括支払」が利用出来る為、アンテナ工事よりも月額200円ほど受信料が安くなりますが、それでもアンテナ工事の方がトータルコストは安くなります。

 

BSアンテナを建てておけばCSはいつでも視聴可能

よく、WOWOWやスカパーなどの有料CS放送はBSアンテナでは見られないと誤解されている方も多いのですが、現在アンテナ工事で使われるBSアンテナは、BS/CS110度アンテナと言って、スカパーが受信できるタイプが標準工事となっています。
勿論有料放送の視聴にはスカパーやWOWOWとの別途契約が必要ですが、ケーブルテレビやひかりTVに加入しなくともCS放送は見られるという点は覚えておきましょう。

 

神奈川県でアンテナ工事を安く頼める業者一覧はこちら

 

CS放送を見る場合の費用比較

次に、ケーブルテレビやひかりTVの標準的なコースとアンテナでスカパーを見た場合の費用差について比較をしてみます。

10年後の費用比較

神奈川でのアンテナとケーブルテレビ(CATV)・ひかりTVを徹底比較

 

ひかりTV 75.8万円

J:COM 94.5万円

アンテナ工事 100.8万円

イッツコム 114.3万円

YCV 118.3万円

※ケーブルテレビ各社はインターネットとセットのスタンダードプラン
※アンテナ工事+スカパーとひかりTVには月額4000円のインターネット料金を加算

 

まず、単純な費用比較ではひかりTVが最も安い形となり、次いでJ:COM、アンテナ工事、イッツコム、横浜ケーブルビジョンの順となりました。ただ、CSを見る上では注意点があります。

 

注意点1:CS放送は本当に10年も見続けるか?

専門性の高いCS放送は、ジャンルが多岐に渡り嗜好性が高いチャンネルです。現実的には、始めは物珍しさゆえに色々なチャンネルを見ても、しばらくすると頻繁に見るのは特定ジャンルの2〜3チャンネルだけになるケースも少なくありません。
しかし、ひかりTVやケーブルテレビの場合、チャンネル単体の契約、もしくは自分の好みのチャンネルだけをセレクトするプランがなく、永続的に高いセット料金を支払う形になります。
また、これはひかりTVやJ:COMのビデオオンデマンド(動画サービス)やケーブルテレビ局のローカルチャンネルといった独自サービスについても同様の事が言えます。
一方でアンテナ工事+スカパー契約の場合、見たいチャンネルを単チャンネルから契約可能ですし、1ヶ月単位でいつでも解約・加入が可能な為、嗜好の変化や月額費用の節約に幅広く対応できるのは大きなメリットです。

 

注意点2:CATVの年数縛りやオプション縛り、回線速度に注意

ケーブルテレビはインターネットとのセット契約以外に、お得なコース料金にする為に固定電話や電気・ガスなどがセットになるケースが多く、途中解約=全ての契約をやり直す必要があるといった点にも注意が必要です。
また、ケーブルテレビは契約するプラン次第ですがインターネットの回線速度が遅いケースも多く、それは頻繁に動画視聴などをするような方の場合大きなストレスの元になります。

 

注意点3:ひかりTVも解約=地デジ・BSが見られなくなる

費用面で安いひかりTVもネックは一度加入したら解約が難しい点です。と言うのも、全解約となれば地デジ・BSも見られなくなってしまい新たにアンテナ工事等をしない限りテレビが全く見られなくなってしまうからです。ひかりTVは地デジ・BSのみのコースもあり、月額1000円で加入できますが、アンテナ工事ではその費用が必要ない為、CSを見続ける期間が短ければ短いほど最終的にはアンテナの方が得をします。

 

注意点4:全てのチャンネルが見られるのはスカパーのみ

ひかりTVにしろケーブルテレビにしろ、CS放送は大元がスカパーからの配信で、各チャンネルの放映権を買い取って配信している為、スカパーにはあるチャンネルがひかりTV・ケーブルテレビには無い、といったケースがよくあります。
中でも、スカパープレミアムのチャンネルは配信が無い、もしくは有料オプションのケースがほとんどで、ケーブルテレビやひかりTVはCS放送の一部しか見られないといった点は注意が必要で、特にマイナージャンルであればあるほどその傾向が顕著です。

 

マイナーチャンネルの対応例
アンテナ+スカパー ひかりTV スターキャット
囲碁将棋チャンネル
MONDO TV
サイトセブンTV ×
パチテレ ×
釣り ×
競馬
ボートレース ×
競輪
オートレース × ×
アダルト
歴史
ナショナルジオグラフィック
ディスカバリーch ×
アニマルプラネット ×

 

注意点5:放映権とDAZNやNetflixなどの存在

CS放送で注意が必要なのが放映権の問題です。これは、スポーツジャンルで特に顕著ですが、かつてスカパーで視聴できたものがDAZNへ移ってCSでは見られなくなったり、見たい映画やドラマがNetflixでしか視聴できなかったり、といった変化が起こります。
その際、CSを解約したくとも、ケーブルテレビの場合そもそもCS抜きのプランが無かったり、ひかりTVでは地デジ・BSを見る為に月額料金を支払わなければならずこういった変化にすぐ対応できるのはアンテナ工事の強みです。

 

無視できない消費税増税とランニングコスト

2019年10月に10%への引き上げられた消費税は、今後も上がり続ける事が予想されており、ひかりTVやケーブルテレビ、スカパーのように継続的に料金を支払う契約では、消費税率がランニングコストに直結します。その点でも、地デジ・BSの視聴に費用が発生しないアンテナ工事は有利です。
また、生活環境の変化などで節約が必要となった時にスカパーを解約することは出来ても、ひかりTVやケーブルテレビの場合、解約=地デジ・BSの視聴もできなくなります。そういった後々の柔軟性があるかどうかという点についても、考慮しておく必要があるでしょう。

 

まとめ

  • 地デジ・BSだけで良いならアンテナ工事
  • CSを幅広く見続ける事が前提ならひかりTV
  • CSで見たいチャンネルが決まっているならアンテナ工事+スカパーがオススメ
  • CSの途中解約やネットの契約変更等、柔軟性重視ならアンテナ工事
  • ケーブルテレビはメリット無し

 

テレビの視聴環境をどうするかといった点を考える際は、単純なイニシャルコストやランニングコストだけでなく、ネットとの関係性や将来的な環境の変化に対応できるかどうかといった事までしっかり考えて選択する必要があります。
新築戸建てに引っ越しの際は、何かと手続きが多い事から、まとめて色々な契約が出来るケーブルテレビは一見楽に思えますが、後々の費用や多くの縛りが発生してしまう事を考慮するとオススメ出来ません。
状況に合わせて、ひかりTVもしくはアンテナ工事のいずれかを選択する事をオススメします。

 

神奈川県でアンテナ工事を安く頼める業者一覧はこちら

 


TOPへ