アンテナ工事でおすすめの業者と設置方法

アンテナ工事でおすすめの業者と設置方法

普段なかなか触れる事のないテレビのアンテナ。新築戸建てなどへの引っ越しの際、急にアンテナ工事が必要と言われてどうすれば良いか分からない方も多いかと思います。

 

でも大丈夫。

 

こちらでは、アンテナ工事をする為に必要な基礎知識やおすすめの工事の依頼先・業者について説明していきます。

 

おすすめのアンテナの建て方

テレビのアンテナを建てるにあたり、先ず初めに決めておく事があります。それは建てるアンテナの種類です。

 

NHK・民放は「地デジアンテナ」

NHK・民放は「地デジアンテナ」

一般的に最も視聴頻度が高いNHKや民放放送を見る為に必要なのが地デジアンテナです。別名UHFアンテナとも呼ばれます。
これは、テレビアンテナを新規に建てる上では必ず必要と言えるアンテナですが、地デジアンテナには2種類ある事を覚えておきましょう。

 

八木式アンテナとデザインアンテナの違い

地デジアンテナには、魚の骨のような形をした八木式アンテナ・八木アンテナと呼ばれるタイプと箱型のデザインアンテナと呼ばれるタイプがあります。
違いは設置できる場所や地デジ電波の受信感度などですが、基本的にどちらも地デジ放送を見られるようにする物という意味では同じです。
価格はデザインアンテナの方が5000円程度高いのですが、新築物件には見た目がスマートなデザインアンテナがおすすめです。

 

地方ローカル局はアンテナが二基必要な事もある

近畿のサンテレビやKBS、関東のTVKやテレ玉など、各県の地方ローカル局も地デジ放送です。
ただ、電波を発信している電波塔の位置がNHKや民放とは異なるケースが多く、電波自体も弱い為、立地によってはアンテナを別々の方角に向ける必要があり、二基必要になる場合があります。
地方ローカル局で見たい番組があるという方は、アンテナ工事を行う前に、予めその旨をアンテナ工事業者に伝えておく事をおすすめします。

 

BS/CSアンテナは4K8Kがポイント

アンテナ工事でおすすめの業者と設置方法

地デジアンテナをどちらにするか決めたら、次はBS/CSアンテナを建てるかどうかです。
お皿のような形をしたBS/CS(衛星放送)用のパラボラアンテナは、今は一台でBSとスカパーの一部、BS 4K8K放送に対応したアンテナがありますが、アンテナ工事を依頼する側が「何が見たいか」を分かっていないと混乱しがちです。

 

CSは別途有料契約が必要

BSと共通で受信できる110°のスカパー(CS)チャンネルは、視聴する為には別途有料でスカパーとの契約が必要です。アンテナではあくまでも電波が受信できるだけで、そのままでは視聴できません。

 

BS 4K8Kはテレビチューナーが必要

BSの一部チャンネルである4K8Kは、テレビ本体に内蔵されているか外付けの専用チューナーが必要です。
ドンキホーテなどで販売されている安い4Kテレビにはこのチューナーが付属していないケースが多く、外付けチューナーを購入しなければ4K8K対応のアンテナを建てても4K8K放送は視聴できません。

 

BS/CSアンテナは必須ではないが建てるなら4K8K対応がおすすめ

BS/CSアンテナの場合、基本のBS放送、スカパー(CS)、4K8K放送といくつか種類がありますが、BS/CSアンテナを建てる際には実際に見る見ないに関わらず全てに対応したアンテナを建てるのがおすすめです。
なぜなら、例えば4K8K放送に非対応のアンテナ工事と4K8K対応の工事で5,000円〜1万円程度しか料金に差が無いからです。
アンテナは一度建ててしまえば15-20年程度はメンテナンスフリーで使える物ですが、後から4K8K対応にして欲しい、となるとケーブルやブースター等の周辺機器を含めて大掛かりな工事が必要になってしまいます。
今はCSや4K8Kを見なくとも、いざ見たくなった時に改めて工事が必要ないよう、最初から4K8K対応のBS/CSアンテナを建てるのがおすすめです。

 

アンテナ工事にかかる費用・相場

自分が見たい番組・建てたいアンテナが決まったら次に気になるのは工事料金ですよね。アンテナ工事を業者に依頼した場合の費用は下記の通りです。

 

地デジアンテナのみ新規設置 30,000円〜
地デジ+BS/CSアンテナの新規設置 50,000円〜
BS/CSアンテナの追加設置(視聴1部屋のみ) 15,000円〜

※全て部品代・工事費用コミの総額目安
※ブースター込みの費用目安

 

費用は家により変わる

上記の費用・相場はあくまで一般的な最低料金ですが、アンテナ工事は家によって工事内容が異なり、それにより料金も変わります。

 

  • 立地による電波環境の違いでアンテナ本体の性能が変わる
  • アンテナの設置場所により使う部材が変わる
  • 三階建て以上の高い建物は高所作業費がかかる場合も
  • 部屋の数(テレビコンセントの数)によりブースターの必要性が変わる

 

上記はあくまで一例で、アンテナ工事は一軒一軒により工事内容が違う特殊な工事という事は覚えておきましょう。

 

アンテナ工事を依頼する際のおすすめ手順

では、アンテナ工事を業者に依頼する場合はどのように進めたら良いのか解説していきます。

 

1.見たいテレビを決める

NHKや民放、地方ローカル放送、BS放送、BS 4K8K、スカパーといったチャンネルの中から、何を見たいのか、は必ず予め決めておきましょう

 

2.地デジアンテナは八木式かデザインかを決める

次に地デジ用のアンテナは八木式で良いのか、デザインアンテナを希望するのか決めておきましょう。

 

3.BS/CSアンテナは必要かどうかを決める

BS/CSアンテナは1部屋でのみ見られれば良いのか、室内のテレビ端子全部に繋がる形にしたいのかによって工事方法が変わります。これはBS 4K8Kを導入する場合も同様なので、BS/CSアンテナを建てるか否か以外にも、繋ぐ部屋数についても考えておきましょう。

 

4.アンテナ工事を業者に依頼する

前述の1〜3までを決めたら、自宅の立地や屋根の形状、階数など、ご自宅の情報を伝えると同時にアンテナ工事業者に依頼します。以下で、アンテナ工事業者のおすすめの選び方について詳細を解説していきます。

 

おすすめのアンテナ工事業者はどこ?

アンテナ工事の依頼先は下記の通りです。

 

  • 大手家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ等)
  • ホームセンター(カインズ、ビバホーム等
  • 街の小規模電気店
  • ハウスメーカー・工務店
  • 何でも屋・便利屋業
  • アンテナ工事専門業者

 

この中でおすすめは「アンテナ工事専門業者」です。

 

なぜアンテナ工事専門業者がおすすめなのか

理由は非常に簡単で、「安い」「早い」「技術力が高い」からです。アンテナ工事専門業者はその名の通り、アンテナ工事をメインの事業としています。そのため、社内に経験豊富な職人を抱えており、工事自体の信頼性が最も高い依頼先です。
また、他の業者と違い、主にインターネットを中心に集客をしていることから、ネット上での価格競争に敏感で、そういった情報に疎い小規模電気店や工務店よりも安い費用で工事を依頼する事が出来ます。

 

他の業者は全て下請けに投げるだけ

アンテナ工事の窓口は多いものの、実際のところ「家電量販店」や「ハウスメーカー・工務店」「ホームセンター」などはエリア内で提携している小規模電気店や個人親方のような電気工事士に施工を丸投げしています。
その為、中間マージンも発生しますし、施工までのやり取りにも時間がかかります。

 

何でも屋・便利屋業のようなところは、自社スタッフで施工するケースも多いのですが、アンテナ工事を専門に行っているわけではないので、知識・経験の当たりハズレが大きい為、こちらもあまりおすすめは出来ません。

 

アンテナ工事専門を謳っているマッチングサービスにも注意

暮らしのマーケットや生活110番のようなサイトは、生活系・住宅設備系の工事に関するマッチングサイトですが、中にはアンテナ工事専門業者を謳っておいて、実際はただのマッチングサービスという業者も少なくありません。
これらも結局は最終的な工事は下請け業者に投げているだけで、窓口のスタッフはアンテナ工事の事を何も知らないというケースも少なくありません。
料金面でも中間マージンが乗る分高くなり、実際に施工するスタッフも玉石混合な上、口コミも自作自演アリ・悪い口コミは強制削除、といった形で操作されていてアテにならない為、こういったサービスもアンテナ工事の依頼先としては不向きです。

 

くらしのマーケットでアンテナ工事を頼む際の特徴と注意点

 

おすすめのアンテナ工事専門業者はどこ?

アンテナ工事は、自宅で行う工事の為、専門業者にも対応しているエリアがあります。各都道府県別のおすすめ業者は下記に記載しておりますので、是非とも参考にしてみて下さい。

 

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

 

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

 

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県 ・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

 

リーディングカンパニーはみずほアンテナ

アンテナ工事専門業者は、地域に密着した小規模な会社が多いのですが、その中でも大手はみずほアンテナです。

 

 

みずほアンテナは関東・東海・近畿・九州に対応しているアンテナ工事業界の最大手で、全て自社スタッフが施工している為、最速で当日施工も可能です。また、工事の保証も8年と長く、時期による変動はありますが、常に最安値相当でアンテナ工事を行っています。

 

アンテナ工事は複数社から見積もり依頼を取ろう

時間が許すならば出来る限り多くの業者から見積もり依頼を取る事をおすすめします。
というのも、アンテナ工事は工事内容自体はどこに依頼してもそれほど変わりませんが、会社によって対応や料金の差が大きい工事でもあります。

 

おすすめは先にあげたみずほアンテナですが、特に繁忙期(3〜4月)であれば必ずしも希望のスケジュールで工事が出来るわけではありませんし、みずほアンテナよりも安い価格提示をする業者も無いわけではありません。

 

長年使う大切な自宅に手を加える工事ですから、自分が納得した業者を選べるかどうかはとても大事です。アンテナ工事を依頼するときは、なるべく多くの業者から見積もりを取り、対応・費用を自分の目で確かめてから、依頼されることをおすすめします。

 

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

 

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

 

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県 ・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

 


TOPへ