ハードディスクレコーダーとアンテナ配線・テレビとの接続方法は?

HDDやテレビのアンテナ線接続

こちらでは、新築一戸建てやマンションなどへの引っ越しの際、新しく外付けのハードディスクレコーダーを接続する際の方法をご紹介いたします。

 

外付けのHDDレコーダーの接続方法

 

用意するもの

 

  1. お部屋の壁のアンテナ端子とHDDレコーダーを接続するアンテナケーブル
  2. 2HDDレコーダーとテレビ本体を接続するアンテナケーブル
  3. 3HDDレコーダーとテレビ本体を接続するHDMIケーブル(映像と音声の出力)

※分波器・テレビプラグ・整合器が必要な場合もあります(後述)

 

基本はこの3つになります。順序としては

 

  1. お部屋の壁の端子とHDDレコーダーをアンテナケーブルで繋ぐ
  2. HDDレコーダーとテレビをアンテナケーブルで繋ぐ
  3. HDDレコーダーとテレビをHDMIケーブルで繋ぐ

 

なぜアンテナケーブルとHDMIケーブルが必要?

 

一見、アンテナケーブルだけ指せば良いように思われがちですが、そうではありません。簡単に言えば

 

  • HDDレコーダーとテレビをアンテナケーブルで繋ぐのは録画しながら番組を見たりする際に必要
  • HDMIケーブルはレコーダーに録画した番組をテレビで視聴するのに必要

 

このような違いがあります。

 

アンテナケーブルの種類と本数に注意

 

アンテナケーブルを差すお部屋の壁の端子は下記のパターンがあります。

 

F型アンテナ端子×2

 

HDDやテレビのアンテナ線接続例1
※画像出典:https://www.biccamera.com/bc/c/av/connect/index.jsp#antenatype_feed

 

地デジ用とBS・CS用が分かれている地デジ・BS/CSどちらのアンテナケーブルも壁の端子から繋ぐタイプ。アンテナケーブルは4本必要です。

 

F型アンテナ端子×1

 

HDDやテレビのアンテナ線接続例2
※画像出典:https://www.biccamera.com/bc/c/av/connect/index.jsp#antenatype_feed
地デジ用とBS/CS用が一つにまとまっているタイプ。この場合、レコーダー側の受け口が地デジ用・BS/CS用と分かれているので、アンテナケーブル4本+分波器が必要です。

 

F型アンテナ端子×1BS/CS非対応タイプ

 

HDDやテレビのアンテナ線接続例3
※画像出典:https://www.biccamera.com/bc/c/av/connect/index.jsp#antenatype_feed

 

このタイプの場合、BS/CSのパラボラアンテナからくる配線を直接HDDレコーダーへつなぎます。部屋へのアンテナケーブルの引き込みはエアコンダクト等を介します。アンテナケーブルは3本(+パラボラアンテナからの1本)が必要です。

 

直付けアンテナ端子×1

 

HDDやテレビのアンテナ線接続例4
※画像出典:https://www.biccamera.com/bc/c/av/connect/index.jsp#antenatype_feed

 

古いお部屋にあり結線と分波器が必要なタイプです。分波器は数百円から買えますが、アンテナケーブルがセットになっていない物もあるので注意が必要です。壁の端子から1本、分波器からHDDレコーダーまで2本、HDDレコーダーからテレビまで2本の計5本のアンテナケーブルが必要です。BS/CSはパラボラアンテナからHDDレコーダーへ直接配線する必要があります。

 

フィーダー端子×1

 

HDDやテレビのアンテナ線接続例5
古いお部屋にあり、整合器が必要なタイプです。旧来のアナログ放送に対応していたタイプで、整合器がないと地デジが映りません。整合器は150円程度で購入が可能です。整合器を使って、地デジのデータを壁からHDDレコーダーへつなぎます。BS/CSはパラボラアンテナからHDDレコーダーへ直接配線する必要があります。

 

テレビ内臓HDDレコーダーの場合

 

外付けHDDレコーダーを介さないHDDレコーダー内蔵型のテレビの場合、お部屋の壁の端子とテレビの本体をアンテナケーブルで接続するだけでOKです。HDMIケーブルは必要ありません。

 

お部屋の壁の端子の種類によっては、ケーブルの本数や分波器・整合器等の必要性が異なりますので、前項の画像を参考に、壁の端子の形状を確認しましょう。


TOPへ