台風被害のテレビアンテナ修理は無料で出来る?!対処法詳細

テレビが映らなくなる原因

台風の影響でテレビが映らなくなる原因は二つあります。一つは天候の影響による電波障害で、この場合は天候の回復とともにテレビの映りも自然回復します。もう一つは、屋根上や壁面など家の外部に設置されたテレビアンテナの倒壊・破損・ズレによるものです。この場合にはテレビアンテナの修理が必要となります。
ここでは、台風でテレビが見られなくなった場合に、無料で直す為の対処法について解説していきます。

 

台風被害には火災保険を使って無料で修理しよう!

あまり知られていない事ですが、台風によってアンテナの倒壊・破損等の被害が出てテレビが映らなくなった場合、火災保険が適用されます。詳細な手順は以下の通り。

  1. 加入している保険会社に連絡
  2. 保険金が下りる事を確認したらアンテナ修理の業者を探す
  3. アンテナ修理業者に火災保険を適用する旨を伝える
  4. アンテナの修理を行う
  5. 修理代金の支払い(一旦自腹で支払う)
  6. 修理工事の領収書等、必要書類を保険会社に提出し、保険金を貰う

このような手順を取る事で、台風被害によるアンテナ修理は無料で行う事ができます。

 

まずは保険会社に確認を

ただ、火災保険に加入していても、契約内容次第では保険が適用されないケースもありますので、まずはご加入の保険会社に問い合わせましょう。必要な提出書類等も各社で異なりますので、詳細をしっかり確認した上で次に進みましょう。

 

アンテナの修理業者はどうやって選ぶ?

火災保険の適用有無に関わらず、実際にアンテナを修理するのは保険会社ではなく、電気屋などのアンテナ工事業者になります。

 

アンテナの修理を依頼できる会社とは?

テレビアンテナの修理は下記の業者に依頼できます。

 

  • アンテナ工事専門業者
  • 地元の電気店
  • 家電量販店
  • ホームセンター

 

家電量販店は、ヤマダ電機やエディオン、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど。ホームセンターはカインズやビバホームなどがそれにあたります。
また、個人経営の小規模電気店や、ネットなどで主に集客を行うアンテナ工事専門店でも修理を依頼できます。

 

ベストなアンテナ修理業者はどこ?

台風被害でテレビが映らない場合、火災保険を適用できるかどうかで業者の選び方が変わります。と言うのも、火災保険を適用できれば工事料金が返ってくるので、料金よりもスピード重視になるかと思いますが、火災保険が適用できない場合、修理費用は業者によって大幅に変わる為、アンテナ修理業者を慎重に選ぶ必要があるからです。

 

火災保険を適用できる場合

オススメは最寄りの電気店・アンテナ工事専門店に依頼する事です。下記に記載の地域別オススメ業者では、工事の技術力・信頼性が高い業者をご紹介していますので、いくつかに問い合わせた上で希望のスケジュールで修理を行える業者を見つけたら、そのまま依頼すればOK。尚、保険金の支払い上限がある場合は念のため、見積もりを予め貰っておきましょう。

 

関東地方のオススメ業者
・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

 

東海地方のオススメ業者
・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

 

関西地方のオススメ業者
・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

九州地方のオススメ業者
・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県 ・大分県 ・宮崎県 ・鹿児島県

 

※家電量販店やホームセンターは店頭へ行く必要があり、時間のロスが大きいのでオススメしません

 

火災保険を適用できない場合

少し難しいのが火災保険でアンテナ修理が出来ない場合です。その場合は、実費で修理する必要がありますので、料金の差が大きいアンテナ修理業者を慎重に選ぶ必要があります。
通常、新規のアンテナ工事や修理では、料金を抑える為に複数の業者へ問い合わせる相見積もりを推奨していますが、スピードも重要ですのでここでは下記の2社へまず問い合わせる事をオススメします。

 

1.みずほアンテナ

メリット:料金が安い・自社施工で技術的な信頼性が高い・支払い方法が多彩
デメリット:全て自社スタッフの為、問い合わせが集中するとスケジュールが合わない事も
対応エリア:関東全域、九州一部(福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県)、近畿一部(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)、東海一部(愛知県、岐阜県、静岡県、三重県)

 

2.アンテナ110番

メリット:提携業者が多く多数の工事に対応できる為スケジュールが合わせやすい
デメリット;料金が高い・完全下請け施工の為、技術力にバラつきがある
対応エリア:全国

 

どちらもテレビアンテナ工事・修理の専門業者としては全国規模の大手ですので、信頼性は問題ありません。それぞれに特徴があり、どちらが良いかはケースバイケースです。
ただ、アンテナ110番は完全下請け施工という点が本来は大きなデメリットで、台風被害が発生する地域の場合、繰り返し同じ事が起こらないとも限らず、出来ればしっかりとした技術力が担保されている業者を選びたいところです。
ご自宅が対応エリアであれば、まずはみずほアンテナに問い合わせ、どうしてもスケジュールが合わない・みずほアンテナが対応していないエリア、といった場合にアンテナ110番、といった流れで問い合わせるのがオススメです。また、下記ではその他の業者もご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

その他のアンテナ修理業者一覧はこちら

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

 

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

 

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

九州地方のオススメ業者

・福岡県 ・熊本県 ・長崎県 ・佐賀県

 

実費でアンテナ修理をする場合の費用目安

  • 地デジアンテナ角度修正 8,000円〜
  • 地デジアンテナの本体交換 15,000円〜
  • BS/CSアンテナの角度修正 8,000円〜
  • BS/CSアンテナの本体交換 12,000円〜

火災保険を適用する場合、修理費用はあまり気にせずスピード重視で依頼して問題ありませんが、実費修理の場合は、上記相場よりあまりにも高い場合には工事を断り、別の業者を探す事をオススメします。

 

台風被害は工事が集中する為、早めの対応が吉

台風によるテレビアンテナの倒壊・破損の修理が必要となった場合、同時期に同地域で同じ被害が集中してしまう為、地元業者に修理依頼が殺到してしまいます。その為、工事業者に空きが無くなり、修理が遅れてしまうケースが多いので、被害が出た場合には速やかに保険会社への連絡・工事業者への相談を行っておきましょう。

 

ケーブルテレビが映らなくなった場合の対処法

テレビをアンテナではなくケーブルテレビや光テレビで視聴している場合、基本的には台風の影響を受ける事はありません。それでもテレビが見られなくなった場合、原因として考えられるのは主に二つです。

  • 基地局側のトラブル
  • ケーブルの断線などの物理的なトラブル

 

この場合、視聴者側で対処するのは難しいので、まずは契約しているケーブルテレビ会社へ問い合わせ、対応を求める形となります。

 

自力(DIY)で直す事はできる?

テレビアンテナの設置工事・修理に関しては、特別な資格は必要ない為、個人で直す事も可能ではあります。ただ、テレビアンテナを自力で修理する為には

 

  • 各種工具の取り扱い知識・経験が必須
  • 地域の地デジ電波の特性を把握している
  • 地デジアンテナの基本的な役割を理解している
  • 配線の取り回しに関する知識がある
  • ブースターの取り扱い知識がある

といったように、技術・知識的にクリアしなければならないハードルが高いのが実情です。少し日曜大工をかじった程度の知識では、例え一旦テレビが映るようになったとしても、アンテナ本体の固定が甘く再度視聴障害が起こったり、ブースターの取り扱いを間違えて電波障害を起こしたりするケースがあります。
また、アンテナ修理は高所作業になり、落下して大怪我をする危険を伴いますので、原則としてアンテナ修理のDIYはオススメできません。
特に、火災保険が使える状況下では、DIYで修理をするのはデメリットしかありませんので、アンテナ工事業者に依頼する事をオススメします。

 

まとめ

  1. まずは火災保険が適用できるか確認
  2. アンテナ工事業者は自分で探す必要あり
  3. 火災保険の有無によってアンテナ修理業者の選び方を変えよう
  4. 修理費用・技術力は業者による差が大きい。状況に合わせて適切な業者選びを

2018年の台風21号、2019年の台風10号、2019年の台風19号など、日本列島の各地で毎年台風による被害が出ています。被害に合われた方にはお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復旧の為、弊記事がお役に立つようお祈り申し上げます。


TOPへ