地デジアンテナのおすすめと設置方法のまとめ

家庭でテレビを見るためには電波を受信してテレビ放送を見れる状態にしなければなりません。

一般的なテレビ放送である地デジこと地上デジタル放送の電波を受信するためには工事が必要になります。

テレビアンテナというと魚の骨のような形をしたものを思い浮かべる人も多いと思いますが、今の時代おしゃれな形のものや、アンテナを設置しないで見れる方法もあるのでアンテナの種類やDIY、費用・価格などについて詳しく解説していきます。

 

地上デジタル放送の視聴方法


まず、はじめに知っておいてほしいのは地デジを見るための電波の受信方法です。
地デジを見るためには2つの方法があります。

  1. テレビアンテナを設置する
  2. ケーブルテレビなどの有線放送の契約

テレビアンテナは最初に設置してしまえばランニングコストはかかりませんが、初期費用は安く済みますがケーブルテレビは毎月利用料金がかかってしまいます。
どちらがお得なのか?というのは利用者によって代わってきますので詳しくはこちらを参考にしてください。

参考記事:知らなきゃ損する「アンテナ」と「ケーブル、光ファイバー」コスト比較

 

地デジアンテナの種類

一昔前はテレビアンテナといえば上の画像のような形をしたようなものが一般的でした。
一軒家の屋根の上に乗っかっているのを見たことがあると思います。
このアンテナは八木式アンテナといって一番メジャーな地デジを見るためのアンテナで今も多く使われています。
丈夫で受信感度が良いので多くの場所で設置することが可能です。

しかし、最近はおしゃれな家も増えてきているので見た目が気になるという家庭も増えてきました。
そういった悩みから最近人気になってきているのが、

上記のデザインアンテナと呼ばれるものです。
色々な色があるので外壁にあわせやすく、コンパクトなので目立つこと無く設置することができます。
デメリットはアンテナ本体の価格が高いことと、電波の感度が八木式アンテナに比べて悪いので設置場所が限られてしまうことです。
電波の悪い場所では取り付ける位置が限られてしまったり、ブースターなど電波を増強させる部品が必要になってしまうことがあります。

 

地デジアンテナのおすすめの選び方

地デジアンテナの選び方についてですが、お金をかけてでも家の外観にこだわりたい人はデザインアンテナをおすすめします。
デザインアンテナは価格面や機能面などでは八木式アンテナに劣っている部分も多いですが見た目はすっきりとしておしゃれな仕上がりになります。
特に八木式アンテナでも気にならないという方は価格も安く、耐久性も感度も良いので八木式アンテナをおすすめします。

 

地デジ以外のテレビアンテナについて

地デジアンテナを取り付けるタイミングで忘れずに検討しなければならないのは地デジ以外のアンテナについてです。
地デジ以外のアンテナは2つあります。

  • BS・CSアンテナ
  • 4K8Kアンテナ

上記の2つです。
BSやスカパー、WOWOWなどの放送を見たい人は地デジと一緒にBSCSアンテナを一緒に取り付ける必要があります。
また、2018年12月から4K8Kのテレビ放送が始まりました。
4K8Kの放送は地デジの電波とは違い別の電波を経由して視聴するのでアンテナが別に必要になります。
これから地デジのアンテナを取り付ける人は4K8Kのアンテナも設置するかどうかしっかりと考えたほうがいいでしょう。
まだまだ、4K8Kのテレビ放送に関しては認知度が低いですが今後普及していき2020年のオリンピックなどでは放送もされると予想されています。
今は必要ないと感じても今後4K8Kのアンテナを取り付けることになると2度手間になってしまいお金や手間が余計にかかってしまうことになりかねないので注意してください。
4K8Kのテレビアンテナの費用や取り付けについてはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください。

参考記事:4K8Kを見るためのアンテナ工事と費用について

 

地デジアンテナは設置方法の詳細

地デジアンテナの種類と一緒に取り付けるアンテナが決まったらどのように設置するのかについて解説してきます。

アンテナ工事は自分でできる?DIYについて

まず、テレビアンテナは「自分で設置できるのか?」という疑問に関しての答えですが、設置することはできます。
必要な部材や部品などはネットで全て購入できますし、工具なども手に入れることは可能です。
しかし、電波の計測はレベルチェッカーという高額な機械が必要になったり屋根上での高所作業の危険性もあることを注意してください
自分でアンテナ工事をする際の注意点に関してはこちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてください。

参考記事:地デジ、BS・CSテレビアンテナ工事のDIY

地デジアンテナの工事の業者の相場

地デジアンテナの設置場所

  • 屋根上
  • 壁面
  • 屋根裏
  • ベランダ

地デジアンテナの設置場所は取り付けるアンテナの種類や電波の方角、ビルなどの遮断物の有無によって変わってきますが、基本的には上記の4つのどれかになると思います。
外観や機能性などを考慮してどこに何を取り付けたいかしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

地デジアンテナの配線の接続方法


地デジアンテナの配線方法は大きく分けて2つあります。

  • 直接テレビに繋ぐ
  • テレビ用のコンセントから繋ぐ

上記の2つです。

テレビに直接繋ぐ場合は電波を受信できる場所にアンテナを設置してテレビのアンテナ受信口に差し込むだけです。
簡単ですが、配線がむき出しになってしまったり室内に引き込むための穴を見つけたり、作ったりしなければなりません。
テレビ用のコンセントは見た目はすっきりとしますが、屋外から専用の引き込み口をたどって室内の中継地点で分配器を使って各部屋に配線する必要があり専門的な知識が必要になります。

地デジ放送の電波を受信できる方向

地デジの電波を受信できる方角はお住まいの地域によって変わってきます。
地デジ放送の電波はスカイツリーから上記のエリアに送信されています。
スカイツリーからの電波を直接受信できる方はスカイツリーの方向にアンテナを設置することで電波を受信することができます。
スカイツリーから電波を直接受信できない地域の方は中継局というものが各地域に設置されていてそこから受信することができます。
お住まいの地域の中継局は 「地域名+中継局」 でネットで調べればすぐにわかりますので調べてみてください。

 

地デジアンテナに必要な費用相場

最後に、アンテナ業者に工事を依頼したときの費用の目安についてのせておきます。
地デジアンテナは自分で取り付けることも可能ですが、専門知識と時間は必要になります。
優良な業者を選べば保証や何かあったときの保険などもしっかりとしているので安心して工事を依頼できますので参考にしてください。

地デジアンテナのみ

見積もり価格   33,000~38,500円(税込)

(工事費用込)

地デジデザインアンテナのみ

見積もり価格  38,500~44,000円(税込)

(工事費用込)

地デジアンテナ+BS・CSアンテナ

見積もり価格  49,500円~(税込)

(工事費用込)

地デジデザインアンテナ+BS・CSアンテナ

見積もり価格  55,000円~(税込)

(工事費用込)

4K8Kのアンテナ

見積もり価格  70,000~90,000円

(工事費用込)

【安心安全!導入実績No.1のアンテナ工事業者はこちら】

 

安心安全!アンテナ工事おすすめ業者はこちら
\ 見積り無料・8年保証・即日対応可 /
アンテナ設置だけでなく、不具合がある場合もプロが解決します!明朗会計で事前見積も行えるので追加料金の心配もご不要です!

みずほアンテナ』では大手企業なので実績多数で安心感があり、地域最安値にも挑戦しているのでとてもリーズナブルな価格で依頼することができるおすすめの業者です。

\\ アンテナ工事最安値挑戦 //
みずほアンテナの公式サイトへ