テレビアンテナの設置方法や設置場所、費用の詳細を解説

テレビアンテナの設置方法や設置場所、費用の詳細を解説

日常生活ではあまり関わる事の無いテレビアンテナについて、設置方法や場所などについて分かりやすく説明してきます。

 

テレビアンテナの設置方法

テレビアンテナを新規で設置する場合は

 

  • 自分で取り付ける(DIY)
  • 業者に依頼する

 

という2通りの方法があります。それぞれメリット・デメリットは以下の通りです。

 

DIYのメリット

  • 業者に頼むよりも2〜3万円程度安上り
  • アンテナ本体や部品を自分で選べる

DIYのデメリット

テレビが映る保証が無い

工具や取り扱えるスキルが必要

作業に慣れていても部品購入〜設置まで1日がかりの時間がかかる

高所作業の為、落下してケガをするリスクがある

アンテナが倒壊して近隣に迷惑をかけた場合の損害賠償リスク

 

業者に依頼する場合のメリット

  • DIYのスキルが無くても確実にテレビアンテナを設置できる
  • 1〜2時間程度で工事が終わる

業者に依頼する場合のデメリット

  • 料金がDIYより高い
  • 業者を選ぶ手間がかかる

 

まず、テレビアンテナの設置は特に資格が必要な工事ではありませんので、スキルがあればDIYでも可能です。しかし、基本的にはプロの業者に依頼するのが一般的な方法です。

 

DIYでの設置は難易度が高いので、よほど慣れている方でなければまず無理でしょう。DIYに関する詳細は下記のページを参考にしてみて下さい。

 

⇒テレビアンテナのDIY詳細はこちら

 

テレビアンテナの設置はどの業者に依頼する?

テレビアンテナの設置工事を業者に依頼する場合、頼めるのは下記の業者です。

 

  • 大手家電量販店
  • ホームセンター
  • アンテナ工事専門業者
  • 地元の電気工事店

 

この中で費用が安く、スピーディなのはアンテナ工事専門業者です。

 

 

オススメはみずほアンテナ

  • アンテナ工事専門業者の最大手
  • 全て自社スタッフ施工で中間マージンが無いのでとにかく安い
  • 8年保証で安心
  • 年中無休で即日対応も可能
  • クレカ支払いOKは勿論、Tポイントが付くサービスもアリ
  • 問い合わせ窓口から施工スタッフまで、全員アンテナ工事のスペシャリストだから迅速確実な見積もり発行

 

テレビアンテナ工事の専門業者は全国に多数ありますが、価格面・サービス面・信頼性、どれをとっても最も秀でているのがみずほアンテナですので、まずはこちらに問い合わせてみることをオススメします。※管理人が実際に依頼した際の体験記はこちら

 

ビックカメラやコジマなど大手家電量販店は名前が知られていて一見安心感があるように、思えますが、実際のところ施工は地元の電気店に下請けで流しているだけで、料金も高い為、オススメできません。これはホームセンターも同様です。

 

テレビアンテナの設置工事は、アンテナ工事専門業者に依頼するのがオススメです。

 

テレビアンテナの設置場所はどこ?

テレビアンテナを設置する場所は下記の通りです。

 

  • 屋根上
  • 屋根裏
  • 家の外壁
  • ベランダ
  • 室内
  • その他、高所の柱など

 

テレビアンテナは基本的には電波が取れればどこに設置しても問題ありません。一般的には屋根裏や家の外壁などの高所に設置されます。高所に設置するのはテレビ電波が周辺環境の影響を受けやすい為で、狭い地域に密集して建てられるケースが多い一軒家の場合、地上の高さだと電波が取れない為、なるべく高いところに設置するのです。

 

また、室内に設置するケースもありますが、これはあくまでも1部屋(1台)で簡易的にテレビが映れば良いという場合に限られます。自宅の複数の部屋をカバーする為のテレビアンテナの設置場所は、屋根上、外壁がメインです。

 

屋根上設置の特徴

  • 周辺環境の影響を受けにくい為、最も電波受信が安定する
  • アナログ放送時代から主流の設置場所で工法が安定している
  • 屋根の形状によっては設置出来ないケースもある
  • 外観が良くない為、新築時は敬遠されがち

 

屋根裏設置の特徴

  • 電界強度が強いエリアでないと設置が難しい
  • 家の外壁や屋根の材質によって電波受信の可否が左右される
  • 設置スペースが狭く電波受信も不安定な場合が多いので設置出来ないケースも多い
  • 設置できれば外観を損なわない為、人気の設置場所
  • BS/CSアンテナは屋根裏では受信できないので設置不可

 

外壁設置の特徴

  • 取り付けや固定作業が簡単
  • 取り付けに必要な部品も少ない
  • デザインアンテナの設置は壁面が主流
  • 屋根上に比べて低い位置になる為、場合によっては電波が取れない

 

室内設置の特徴

  • 地デジを簡易的に見る為の設置場所で新築用の初期工事で室内に設置する事は無い
  • 室内用アンテナは本体が安い
  • その他の周辺機器も必要ない為、電波が取れれば最も安上り
  • 複数のテレビで同時視聴する事は出来ない
  • BS/CSアンテナは室内では受信できないので設置不可

 

ベランダ設置の特徴

  • 主にBS/CSアンテナの設置に使われる
  • ベランダの形状や方角によるがDIYでの設置が最も簡単
  • BSアンテナを後から取り付ける際に利用されやすい設置場所
  • 配線の取り回しの関係上、複数の部屋でBS放送を見る場合にはベランダ設置は不向き

 

テレビアンテナの設置費用・相場はいくら?

  • 地デジ八木式アンテナ設置工事・・・30,000円〜
  • 地デジデザインアンテナ設置工事・・・36,000円〜
  • 八木式+BS/CSアンテナ設置工事・・・50,000円〜
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ設置工事・・・56,000円〜
  • 地デジアンテナ+4K8K対応BS/CSアンテナ設置工事・・・70,000円〜
  • 4K8K対応アンテナへの付け替え工事・・・50,000円〜

※ブースター+取り付け金具等諸費用込みの総額目安です

 

上記はテレビアンテナの設置工事を業者に依頼した場合の費用目安です。大手が電量販店などは上記金額より1万円以上かかるケースがほとんどです。

 

テレビアンテナの設置費用が複雑な理由

テレビアンテナの設置工事を依頼する場合、業者によってかなり価格の幅がありますが、価格が一定でない理由は下記の通りです。

 

  • 技術料(工賃)が言い値の為、業者によって料金差が激しい
  • 家によって施工内容が一軒一軒変わる為、画一化しづらい
  • 一般消費者になじみのない分野で、その分工賃が高額になりがち

 

テレビアンテナの設置には、アンテナ本体代金、各種周辺機器代金の他に、施工料金すなわち工賃が必要となりますが、それらすべての価格が家の状況によって異なり、施工内容が変わる為料金相場が分かりづらくなっています。

 

テレビアンテナは自分で設置するのが最も安い

テレビアンテナの設置費用を安くするために最も良い方法はDIYで取り付ける事です。上記の料金相場と比較して2〜3万円程度は費用をうかすことが出来ますので、下記記事を見て『出来そう』と思う方ならばトライしてみるのも良いでしょう。

 

⇒テレビアンテナのDIY詳細はこちら

 

業者に頼む場合は依頼先が重要

一方、業者に依頼する場合、費用を抑える為には業者選びが大切です。

 

 

オススメはみずほアンテナ

  • アンテナ工事専門業者の最大手
  • 全て自社スタッフ施工で中間マージンが無いのでとにかく安い
  • 8年保証で安心
  • 年中無休で即日対応も可能
  • クレカ支払いOKは勿論、Tポイントが付くサービスもアリ
  • 問い合わせ窓口から施工スタッフまで、全員アンテナ工事のスペシャリストだから迅速確実な見積もり発行

 

 

上記は管理人がアンテナ工事専門業者10社から実際に見積もりを取り、最安値で工事が出来た業者です。業界でも最大手のアンテナ工事業者なので、信頼性も十分です。まずはこちらに問い合わせてみる事をオススメします。

 

また、その他の業者も含めて比較したい方は、下記にて都道府県別のオススメ業者をご紹介しています。それぞれの業者から相見積もりを取り、比較・検討の上、適切な業者選びを行って下さい。

 

関東地方のオススメ業者

・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県 ・茨城県 ・群馬県 ・栃木県

 

東海地方のオススメ業者

・静岡県 ・愛知県 ・岐阜県 ・三重県

 

関西地方のオススメ業者

・大阪府 ・京都府 ・兵庫県 ・奈良県

 

九州地方のオススメ業者

・福岡県・熊本県・長崎県・佐賀県


TOPへ