テレビ神奈川(TVK)を無料で見るには?見方・視聴方法を解説

テレビ神奈川(TVK)を無料で見るには?見方・視聴方法を解説

神奈川県のローカルテレビ局であるテレビ神奈川(以下TVK)は、アンテナを建てて視聴するのが一般的です。

 

では、ベイスターズ魂やファイト川崎フロンターレ、キックオフFマリノス等、スポーツ好きには人気の番組も多いTVKを無料で視聴するにはどうすれば良いのでしょうか?見方を解説していきます。

 

TVK公式YouTubeチャンネルで見る

TVKはYouTubeに独自のチャンネルを持っています。ここでは見逃し配信という形で放送されたテレビ番組を見ることができます。

 

YouTubeで見られるのは一部番組

放映権や肖像権等の関係上、プロスポーツ絡みの番組や、アニメ、ドラマ、映画などは残念ながらYouTubeで再放送はされていません。
まずは見たい番組があるかどうか、公式チャンネルの再生リストから確認してみましょう。

 

テレビ神奈川公式YouTubeチャンネルはこちら

 

アプリやサイトのストリーミング配信はあるの?

TVKでは、東京MXのようにスマホで見られる公式アプリや、公式サイト上のストリーミング配信は残念ながらありません。
これらの方法でTVKを視聴するのは今のところ不可能です。

 

アプリの配信予定はある??

2020年2月現在の調査では、アプリ配信の予定は発表されておりません。

 

アンテナを建ててTVKを見る方法

TVKの全番組を視聴する為にはやはりテレビアンテナを建てる方法が確実です。ここではTVKを見るためのテレビアンテナについて詳しく解説していきます。

 

TVK視聴には立地が大きく関係する

地方ローカルテレビ局であるTVKは、NHKや民放各局が映る地デジ放送と比べると電波が弱く、その為にアンテナの質が低かったり、方角をきちんと調節していなかったりすると神奈川県内在住でもクリアに映らないケースがあります。
また、地デジは東京スカイツリーから電波を取りますが、TVKは横浜市鶴見区の三ツ池公園にある電波塔が親局で、そこから各地の中継局を経由して電波を取るため、アンテナを向ける方角がそれぞれ異なります。
神奈川県は山・丘がある場所も多く、高低差がある中で低い場所に家があると電波が取りづらくなります。
また、川崎市はスカイツリーとTVKの中継局が真逆の方角にある為、一基のアンテナでは視聴が難しいといった事情があります。

 

新築でアンテナを建てる場合

新築戸建てでTVKを見るためにアンテナを建てる際、重要となるのは以下の点です。

 

  • 立地
  • アンテナの質(受信感度)
  • 必要なアンテナの基数

 

これらは、個々の立地条件によってポイントが異なる為、一度テレビアンテナ工事の専門業者に相談するのが確実です。

 

神奈川県のアンテナ工事専門業者一覧はこちら

 

新築のアンテナ工事費用・相場

  • 地デジ+TVK 30,000円?45,000円
  • 地デジ+TVK+BS/CS 50,000円?75,000円

※アンテナ本体・工賃・各種部品代コミコミの総額目安

 

既設住宅にアンテナを追加する場合

すでにアンテナが建っているもののTVKの映りが悪い場合には、追加のアンテナ設置、もしくはアンテナの角度調整が必要となります。
ただ、こちらも立地によってはアンテナでの受信が難しいケースもある為、まずはアンテナ工事の専門業者に相談されることをおすすめします。

 

神奈川県のアンテナ工事専門業者一覧はこちら

 

アンテナ追加・角度調整の費用・相場

  • アンテナ追加 15,000円?20,000円
  • アンテナ角度調整 8,000円?12,000円

 

アンテナで視聴出来ない場合はケーブルテレビ(CATV)

立地条件等の問題でどうしてもアンテナでの視聴が難しい場合、ケーブルテレビでTVKを見るという方法もあります。

 

ケーブルテレビはプランに注意

神奈川県内のケーブルテレビ局は

 

  • ジェイコム湘南・神奈川(J:COM湘南・神奈川)
  • 伊豆急ケーブルネットワーク(IKC)
  • イッツ・コミュニケーションズ(iTSCOM)
  • 横浜ケーブルビジョン(YCV)
  • 湘南ケーブルネットワーク(SCN)
  • YOUテレビ
  • 厚木伊勢原ケーブルネットワーク(AIC)

 

があり、お住まいの地域によって加入できるケーブルテレビ局が決まっています。
それに応じて各社のプランを選んで加入する形となります。

 

ケーブルテレビは継続課金で料金面では高い

ケーブルテレビ局の特徴として、CS放送やインターネット回線がセットになるプランが非常に多い点には注意が必要です。
まとめて契約する事で手続きが減り楽なように感じますが、費用面では最もコスパが悪い契約方法です。

 

TVKのみのプランは無い

TVKは地デジ加入で同時に視聴可能となりますがが、地デジのみ契約するプランの場合、初期工事費用が50,000円ほどかかるので、アンテナ工事より高くなります。(継続課金はありません)
また、BSやCSをセットにする場合は継続課金となり、初期費用は少なくなるものの、将来的には確実に損をします。

 

アンテナとケーブルテレビのコスト比較

 

これだけ違う!アンテナ工事とケーブルテレビ、ひかりTV コスト比較

 

ケーブルテレビは、TVK用と言うよりも、CSやVOD(ビデオオンデマンド)等の追加コンテンツを高い費用を払ってでも見たい方向けと言えます。まずはアンテナ視聴が可能かを相談してから、検討される事をおすすめします。

 

神奈川県のアンテナ工事専門業者一覧はこちら

 

ひかりTVでもTVKは視聴可能

アンテナでもケーブルテレビでもない第3の選択肢がインターネットの光回線を利用したひかりTVです。
ソフトバンクひかりTVや、ドコモひかりTV等、携帯各社のテレビプランはすべて大元が同じフレッツ光を利用したサービスなので、ここでは同じものとして扱います。
ひかりTVは神奈川県内の全域で加入が可能です。

 

ひかりTVはケーブルテレビより安い

ケーブルテレビと同様、継続課金での加入が必要なひかりTVですが、ケーブルテレビよりは安く利用する事が可能です。
詳細なコスト比較は下記をご覧下さい

 

これだけ違う!アンテナ工事とケーブルテレビ、ひかりTV コスト比較

 

ひかりTVの欠点は光回線が必須という点

普段あまり自宅でネットを使わないという方の場合、ネットの光回線は必ずしも必要ではありません。
これはひかりTVとは別の契約・料金が必要な話となりますので、検索程度しかパソコン・スマホを使わない方の場合、ネット回線は光回線より安いプランが多数あるため、TVKを見たいが為だけに、光回線・ひかりTVと契約すると、トータルでは費用が高くついてしまいます。

 

ひかりTVも追加コンテンツが欲しい方向け

ひかりTVにもケーブルテレビと同様、スカパーなどのCS放送やVODが視聴できるセットがあります。
ただ、TVKとは無関係な番組に継続的なコストをかける必要があるかはしっかり検討すべきです。
TVKを見たいだけならば、まずはアンテナ工事の専門業者に相談してから、そちらがダメな場合に検討するという順番がおすすめです。

 

神奈川県のアンテナ工事専門業者一覧はこちら

 

TVKを無料で見る方法まとめ

  • TVKが無料で見られるのはYouTubeのみ
  • YouTubeは一部の番組の見逃し配信のみ
  • アプリやストリーミングによる生放送はなし
  • アンテナ工事は初期費用がかかるがトータルコストは最も安い
  • アンテナは立地により建てられないケースもある
  • アンテナ視聴が不可能な場合は、有料だがひかりTVやケーブルテレビ加入を検討しよう

 

スポーツ、アニメ、ドラマ等々、幅広く人気番組を抱えるTVKですが、無料で視聴できるのは残念ながら一部の番組のみです。
次に費用が安いのはアンテナ工事ですので、TVKの全番組を見たい場合には、まずはアンテナ工事を検討し、その後ケーブルテレビやひかりTVといった形で検討してみて下さい。

 

神奈川県のアンテナ工事専門業者一覧はこちら


TOPへ